なぜ企業は退職自衛官を採用するのか。メリットを分析し、あなたの転職活動に活かす方法。(詳細を見る)

企業によっては退職自衛官を歓迎するすることがあります。なぜ、自衛官を採用したいと考えるのか。自衛官だからこそのメリットを分析し、あなたの転職活動に役立てば幸いです。

ちなみに私は航空自衛官を7年間務め、民間に転職しました。



1.誠実性


自衛官は良く誠実な人というイメージがあります。詳しくは常に姿勢が正しく、大きな声で挨拶や返事をしている様子は、誰に対しても礼儀正しく、上下関係もきちんとしているイメージがあります。常にきちんとした行動も企業には好印象を与えます。

企業人は、ビジネススキルの前に印象が非常に重要になります。いくら能力が高くとも、誠実性が伝わらなかったら、その人を選択することはございません。

しっかり挨拶をする。大きな声で返事をする。服についても、シワシワの服を着ている人よりもしっかりした服を着ている人の方が、信用できるように感じます。

また、社会には時間を守らない人間も多いです。平気で遅刻し、平気で提出物の期限を過ぎるという。その反面、自衛官は時間を厳守するように思われます。時間に遅刻しない、約束を守る。まさにそこが誠実性が感じる部分であるように感じます。

私も、自衛官を辞めたころは自分の強みの一つとして誠実性を書いておりました。起床から訓練、就寝まで厳しい規律の中で生活したことを伝えました。こちらについて、文句なしに企業も認めてもらえます。

2.上司の命令は絶対


最近の若い人は、平気で上司反論を言ったり、場合によってはパワハラといい、上司に反論する人がいます。一般企業も組織を成り立たせるためには一定の倫理が必要になります。

自衛官は命令に従う義務を負っております。それが体に染みついているだろう。それも今の世の中ではメリットになります。

3.忍耐力


心身ともに忍耐力があることもメリットがあります。一般企業でも会社によっては、徹夜などもしょっちゅうという会社もあります。また、上司に怒られたり、お客様に怒られたり、無理難題を突きつけられたりと、ストレス耐性が非常に重要になります。

私は、防衛大学校での経験、きつい訓練の経験を伝えることでストレス耐性があると伝えたこともあります。

どんな会社も、成長意欲を持って仕事をしっかりやってくれる人を最終的には必要とします。それが出来るということをしっかり伝えることが出来れば、自衛官である、自分を採用するメリットがあるということを伝えることができるのです。


社長の右腕に立候補

【現役自衛官の悩み】在職中の転職活動はバレやすいと思っていませんか?私が乗り切った方法(詳細を見る)前のページ

公務員からの転職や退職を妻や家族が反対。嫁ブロックを克服する方法<br>(詳細を見る)次のページ

関連記事

  1. 公務員からの転職成功戦略

    【公務員からの転職】「決意があるかどうか」これが決めて

    公務員が転職など第二の人生を成功させるための戦略を「「戦う自分」をつ…

  2. 公務員からの転職成功戦略

    【転職したい公務員】語学力、プレゼンテーションよりも大切なもの

    国際化に向かっているため転職というと、まず語学力と考える公務員は少な…

  3. 公務員からの転職成功戦略

    【公務員からの転職】30代、40代で磨く国には頼れない世界で生き抜く技術

    国さえ頼れない世界で生き抜く技術を紹介し、公務員からの転職の参考にし…

  4. 「あなた」という商品を高く売る方法

    転職する人に必要なスキル
    【詳細を見る】

    転職する人に必要なスキルについて「3年後、転職する人、起業する人、会…

  5. 公務員からの転職成功戦略

    【警察官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方

    現在、又は元で警察官の経歴をどのように履歴書や職務経歴書…

  6. 公務員からの転職成功戦略

    【消防官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方

    現在、又は元で消防官の経歴をどのように履歴書や職務経歴書に書いたら良…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP