公務員からの転職や退職を妻や家族が反対。嫁ブロックを克服する方法
(詳細を見る)

公務員から民間企業への転職を考える時に、妻や家族が反対する理由として以下の点があるだろう。

1.収入が安定している
公務員と聞いて真っ先に思い浮かぶイメージは、収入が安定しているということではないでしょうか。大手企業でも倒産の危機がある現代で、多少の上下はあれど、毎年ほぼ決まった額の収入を得られる公務員は、安定しているといって良いでしょう。ボーナスがカットされるという可能性もないので、安心して生活が出来ます。

2.社会的な信用度が高い
公務員というのは、公務員制度により法令で定められた身分ですから、社会的に信用度が高いイメージがあるというのも納得です。住宅ローンや、クレジットカードの申請のときも、一般的なサラリーマンと比べると審査が通りやすくなっています。また、年配の人の中には公務員に大きな信頼を寄せる人が多い傾向です。旦那様が公務員ということで、奥様の信頼度もアップするかも知れません。

3.クビにならない
一般の企業には、多かれ少なかれリストラの恐怖が潜んでいるもの。 今年は大丈夫でも、来年はどうなることやらという心配も拭いきれないのが現代社会です。しかし、公務員はよっぽどのことがない限りクビになることがありません。ずっと公務員という身分でいることが出来ます。

そんな中、転職の相談を妻や家族に真っ先にしたい気持ちがあるが、反対されるだろうとか退職を辞めることを説得されるだろうということが頭によぎるだろう。

また、思い切って相談したものの理解を得られず険悪なムードになったりするだろう。その時に、どうやってそれを克服するのかいかに記載します。



1.家族としての夢を話し合う


妻や子ども達とも話し、どんな家庭にしたいか、どんな家族にしたいか。いつ家を購入したいか。いくら貯金していきたいか。どのような場所で生きていきたいかなどしっかり話し合うことが大切です。

その中で、家族全員に共通する夢を考えることが大切です。

そした、その夢を達成する過程で、今の仕事はどのような位置づけなのか。また、今の仕事がその夢を達成する意味で、一つ壁になっていないかを考えます。もし、壁になっているのであれば、その壁を取り除く仕事につくことを家族に話します。

例えば、子ども教育に対し奥様と持つことでも良いと思います。子ども教育は親から教育も非常に大きいものがあります。しかし、国家公務員ですと、転勤も多く、場合によっては単身赴任の期間も長くなってしまいます。

そんな時に子ども教育に与える影響を奥様に理解していただき、転勤のない会社に転職をするのも一つだと考えます。

2.収入を確保する方法を話す。


やはり公務員からの転職で一番気になるのが、安定がなくなり、収入を確保できるのかという点であると考えます。特に、妻はその点が気になると思います。

どのように収入を確保するのか、また、何かあった際には、どのような対応を取るのかということも考えておくことが大切です。

今、民間企業の中には、副業や複業という言葉もあり、自分の強みを商品にすることが出来ます。そのような部分にもチャレンジすることも一つだと思います。また、場合によっては本業に影響を与えない程度で、夜にやる仕事をやるのも一つだと思います。

とにかく、いかに、収入を確保するのか、そこを話せることが大切です。

3.転職が決まってから話す


こちらの場合は「転職活動をする前に、なぜ話てくれなかったの」と逆鱗触れるかもしません。しかし、次の道が決まっていれば、生活に対する安心感は生まれ、最終的には了承してくれることが多いです。

その時に、その会社のことを良く知っておくことが大切です。どんな仕事で、どんな人たちがいるのか、離職率はどうなかなど。その時に、離職率が高く、明らかなブラック企業の場合はやめた方が良いかと思います。

可能であれば、それなりの規模で、それなりの年齢層がいる会社に転職が決まっていると奥様の理解が得やすいです。

繰り返しになりますが、「安心感」を与えられることが大切です。

以上の3点を参考に、奥様達への対応を考えてみてください。


社長の右腕に立候補

なぜ企業は退職自衛官を採用するのか。メリットを分析し、あなたの転職活動に活かす方法。(詳細を見る)前のページ

【元公務員の体験談】公務員からの転職で後悔や失敗しないの成功の秘訣<br>(詳細を見る)次のページ

関連記事

  1. 転職活動のメソッド

    二川 佳祐:小学校教諭「大人が学びを楽しみ続けること」をミッションに日々活動中。

    間違いなく公務員にも副業解禁の波は来ます。既に国家公務員レベルにまで降…

  2. 転職活動のメソッド

    転職面接に臨む自衛官必見!退職理由や志望動機をさらっと言う方法(詳細を見る)

    自衛官だろうとなかろうと、転職における面接の際に、退職理由や志望動…

  3. 転職活動のメソッド

    【転職したい自衛官の思考】転職活動で最も大切なこと

    自衛官、自衛官ではない関係なくまず転職活動で大切なことは自分の強みと弱…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP