【障害者の自衛隊転職】就職活動において知っておくべき事項や雇用の探し方

障害者雇用と一般雇用の違い

障害者の肩が働く方法の一つとして、障害者枠で働くという選択肢があります。障害者雇用枠での就労には、基本的には障害者手帳の所有が条件となります。障害者手帳は3種類あり、身体障害者の「身体障害者手帳」、知的障害の「療育手帳」(自治体によって名称が異なります。例えば、東京では「愛の手帳」)、精神障害の「精神障害者保健福祉手帳」があります。

障害者手帳を活用した障害者枠を活用した障害者枠での雇用の中には、特例子会社で働く事も含まれます。その他の働く選択肢としては、一般雇用や福祉的就労(就労継続支援A型、B型)という形で働く事もできます。

人の特性や希望している仕事内容、キャリアプランなどによって異なって来るでしょう。

(1)一般雇用とは

障害者手帳等がなくても応募できます。職種や待遇等が障害者採用よりも幅広く選ぶことができますが、障害のあることを伝えない、いわゆるクローズでの転職となるため、障害や苦手さの配慮についてはほとんど期待できません。

厚生労働省のデータを見ても、障害者の一般採用の早期離職は多くなっています。自分の障害を企業に告知するかどうかは、就職する障害者本人に任されています。当事者本人が話さなければ、障害が企業に伝わることは基本的にありません。

一般の採用枠で雇用されるので、障害のない方と同様の条件で働きます。障害者雇用枠や障害のある方が働きやすい環境が整っている特例子会社に比べると、職種などの選択肢が多く、昇進や昇級の機会にも恵まれている傾向があると言えます。

職種の幅が広く、専門職も多くありますし、会社のきぼもいろいろあり、経験を積むことによって仕事のやりがいを感じたり、給料も上がっていきやすくなります。一方で、仕事の責任が求められる事も多くあります。

(2)障害者雇用(一般企業)

障害者手帳のある人が応募することができる障害者雇用枠の就職になります。障害・特性をオープンにして雇用されるため、一緒に働く上司や同僚に障害特性を理解してもらいやすく、働きやすい環境を整えてもらったり、配慮を受けやすくなります。

一方で、一般雇用に比べると給与が低かったり、業務内容が限定されていたりします。職種が事務補助や軽作業などが多く、専門職はありません。

障害者雇用枠での就職には障害者手帳が必要ですが、障害についての個人情報については、本人が意図しないところで取り扱われることはありません。それは、障害者雇用について、「プライバシーに配慮した障害者の把握・確認を適正に取り扱うガイドライン」が定められているからです。

この「プライバシー」に配慮した障害者の把握・確認を適正に取り扱うガイドライン」では、何か特別な理由があって、事業主側が本人に障害について確認する際は、必ずその利用目的を本人に明示して、同意を得られた場合のみ可能となることが明記されています。



障がいのある方の「働きたい」を支援します!就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk)



(3)障害者雇用(特例子会社)

障害者手帳のある人が応募することができる雇用枠になります。基本は、障害者雇用(一般企業)と同じですが、特例子会社は、障害のある方の雇用促進の目的でつくられているので、障害への配慮やサポート環境が整っているところが多くなっています。

また、障害者が多いので、障害者同士で協力して働く場面も多く、人間関係が築きやすい側面もあります。経験を積んで、管理職やリーダー層に抜擢される人も多くいます。

(4)福祉的就労(就労継続支援A型、B型

一般の企業に雇用されることが難しい障害のある方に、就労の機会を提供すると共に、生産活動及びその他の活動の機会を提供し、その知識や能力の向上のために必要な訓練を行うサービスを就労継続支援事業と言います。

これは、雇用契約を結び利用する「A型事業所」と、雇用契約を結ばないで利用する「B型事業所」の2種類があります。

福祉就労は、福祉と就労の中間としては位置付けられています。障害者自立支援法(現在、障害者総合支援に名称が変更)により、障害のある人もない人も住み慣れた地域で生活するために、日常生活や社会生活の総合的な支援を目的とした法律に基づいて福祉的就労が誕生しています。

あなたに合う職場を見つける

あなたに合った職場を見つけることが大切です。あなたは就職を決める際に、何を重視しているのでしょうか。人によっては、会社の知名度、会社の大きさ、給料、勤務時間、通勤場所、仕事内容といろ色な答えが出てくるでしょう。

もちろんこれらはどれも大切なものですが、あなたの希望を全てクリアするのは難しいかもしれません。

そこで、あなたが転職する時に何を重視するのか、仕事に何を求めるかの優先順位をはっきり決めておくことが大切です。また、もう一つ大切なのが、あなたの希望に合った障害者雇用のスタンスの企業を選ぶということです。企業に置ける障害者雇用のスタンスは企業によって様々です。

障害者雇用は法律で定められており、企業にとっての障害者雇用とは、「障害者雇用率を達成すること」がとても重要な意味を持っています。しかし、それをどのように達成するのかは、企業のスタンスによって全く異なります。

例えば、ある企業では、仕事を切り出すことが難しいかもしれません。そのため雇用率カウントになる時間としての仕事量はなんとかクリアしたものの、無理に仕事を作り出している事もあり、賃金は最低賃金に設定せざる得ないかもしれません。

一方、他の企業では、障害者でも他の社員と同じような働き方をして欲しいと考えているかもしれません。やりがいはあるかもしれませんが、それにともなった責任や要求されるものも高くなるでしょう。

あなたが、もし、まだ体力的にもメンタル的にも少し不安があるなら、前者の会社で働くことはできるかもしれませんが、後者の会社であれば少し厳しいかもしれません。

また、バリバリ仕事がしたいと思っているのであれば、前社の会社では物足りなく感じるかもしれません。

ですから、企業が障害者雇用をどのように考えているのか、スタンスをもっているかを知ると共に、それがあんたの希望と合っているのかをしっかり確認しましょう。転職する前に、この働くことに対するスタンスについては、あなたの考えと企業の考えを合わせておくことがとても大切です。



障がいのある方の「働きたい」を支援します!就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk)



転職先の探し方

(1)ハローワーク

ハローワークは求人紹介件数が多く、障害のある方の就職件数も豊富です。障害のある方専門の窓口があり、ここでは、障害のある方が働きやすい企業の求人紹介や、就職や働き方に関する全般的なアドバイスを行っています。

障害者雇用・特例子会社だけでなく、一般就労を考えている場合にも、求人のマッチングを行ってくれます。自分の障害や特性を説明した上で、どんな求人に応募するのがいいかについてアドバイスをもらいましょう。

(2)人材紹介会社

障害のある方専門の人材紹介会社に登録することで、専任アドバイザーに就職活動の相談をしたり、利用者に合うよう厳選された求人の紹介を受けたりすることができます。人材紹介会社の紹介する求人はハローワークや就職情報サイトでは公開していないものもある上、求人票だけでは知ることができない具体的な職場環境などの情報も知ることができます。料金は基本的に無料です。



障がいのある方の「働きたい」を支援します!就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk)



☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。