民間経験無は関係ない!転職したい自衛官が天職を発見するための性格自己分析

誰にでもある「得意」

10年前は「自分の強みがわかりません」「向いている仕事がわかりません」という声が多くありました。これは、強みや向いている仕事があるという前提の質問です。

しかしここ数年、急増しているのは、「アピール出来量な長所がありません」「私が活躍できる仕事が本当にありますか」という質問。これは「ある」という前提を疑う質問です。

「ないかもしれない」と思いながら探すと、答えは「やっぱりなかった」になりがちです。

転職面接や天職コンサルティングなどで何千人もの聞いて天職コンサルティングの梅田氏が確信しているのは、「誰でも個性と能力を活かして輝ける場がある」ということです。

誰でも「心が喜ぶ」✖︎「得意」ゾーンの仕事を手にすること(転職すること)ができるのです。

知識・スキルよりも自分らしい特性に注目しよう

天職コンサルタントである梅田氏が「天職部」や各地で行われるキャリア支援セミナーで聞かれる質問は、「転職に有利な資格は何ですか」、「どんなスキルを身につけている人を採用したいのですが。」「○○の資格を活かして独立したいですが」という質問とのことです。

得意や強みというと、知識やスキルに目がいきがちですが、もっと重要なものがあります。それは、「特性」です。

特性という言葉はなじみがないかもしれません。特性とは、生まれ持った才能と資質をベースに幼少期から形成してきたあなたが得意な行動パターンや思考プロセスを指します。自然とそうしてしまうこと、頑張らな畔も楽にできること。

なぜ、知識・スキルよりも特性が重要なのでしょうか。理由は2つあります。まず一つ目は、特性は仕事の仕方に直結するからです。特性を封印せざるを得ない仕事だと、無理して頑張るわりに成果が出にくいのです。

もう一つは、知識やスキルは比較的早く身につけることができますが、特性を変えたり、新たに身につけたりするのは極めて困難だからです。

例えば、海外とビジネスをしている大企業が、社員を英会話スクールに通わせとする。最初から英語がペラペラな人を採用すればすむ話ですが、そしないのも、知識・スキルより特性を重視しているからなのです。

英語力(知識・スキル)は数ヶ月〜数年で身につけることができます。

しかし特性は、そうはいきません。アメリカの行動科学の研究によると、特性は子供時代から積み重ねられ、ビジネスパーソンとして最初の十年前後でほぼ固まるため、35歳を過ぎると抜本的に変えるのは極めて困難だといわれています。

つまり、特性が合わない人を採用して、その組織にあるように変えるのは極めて難しいのです。

知識・スキル、その組織と仕事にあう特性にあう特性を兼ね揃えた人はなかなかいません。したがって、企業は、身につけることができる知識・スキルより、もともと持っている特性を重視して人材を採用します。

仕事で成果を出すには特性を活かすことが大切です。新しい特性を見つけ特性を活かせる仕事に就くことを勧めます。

専門職であっても、「特性」を知る必要あり

特性の話をすると、「知識やスキルを活かした専門職には、自分らしい特徴なんて関係ないのでは?」という疑問をいだくことがあります。

例えば、医師や会計士、保育士、栄養士など、国家資格が直結する仕事、語学やデザインのように専門スキルを活かした仕事、そして機械、薬学、建築などの理系の仕事です。

一見、やるべきことが決まっているように見えるこれらの職種でも、特性を知ることはとても重要です。同じ職種の中にも自分にある仕事、合わない仕事があり、同じ仕事内容でも、能力を発揮できる環境、能力を発揮しにくい環境があるからです。

特性を分析することでそれらが見えてきます。また、転職の面接の自己PRでは、特性を話さなけレバなりません。というのも、同じような専門性がある人たちのなかから、面接官は誰を採用するかを選びます。違いはどこに出るか。「喜びの源泉」と「特性」なのです。

自衛官から民間へ転職したいと考えたら、あなたにあった仕事・職場選びと面接対策のため、z自分の特性を見つけましょう。



やる気のパートナー「やる気研究所」

関連記事

  1. 【転職から天職へ】自衛官に伝えたい仕事選び

  2. 【転職したい自衛官へ】天職を見つけるための3つの要素

  3. 自衛官が転職する前に天職を見つける逆転の発送

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。