【気になる経歴】自衛艦隊司令官 海将 湯浅秀樹




■自衛艦隊とは
自衛艦隊(Self Defense Fleet)は、海上自衛隊の主力部隊であり、1954年(昭和29年)7月1日の防衛庁(防衛省の前身)自衛隊発足と同時に置かれた。艦艇や航空機を機動運用し、日本周辺海域の海上防衛や多様な事態、国際任務等にも対応している。


■自衛艦隊司令官とは
自衛艦隊司令官(Commander in Chief of the Self Defense Fleet)とは、海上自衛隊の主戦力である自衛艦隊の指揮官で、防衛大臣の指揮監督を受け、自衛艦隊の隊務を統括する。政令で規定される指定職5号の役職であり、海将の階級にある自衛官をもって充てられ、事実上海上幕僚長に次ぐ第2位の地位にある海上自衛隊の役職である。


■海将 湯浅秀樹の経歴
徳島県出身。防衛大学校(第30期)を卒業後、海上自衛隊に入隊。 職種は水上艦艇(船務)。 入隊後は主に護衛艦や海上幕僚監部等で勤務したのち、掃海隊群司令、海上自衛隊幹部学校長等の要職を歴任し、第39代護衛艦隊司令官を経て、2020年(令和2年)8月7日の閣議において、8月25日付をもって自衛艦隊司令官に任命された。


湯浅秀樹は、1等海佐に昇ったのが17年1月だったので、30期組1選抜(1番乗り)となるスピード出世だ。海将補に昇ったのは23年12月、海将に昇ったのが29年12月だったので、こちらは1選抜から4ヶ月遅れとなる、いわば1選抜後期(1番手グループ)であり、こちらもトップエリートと言って良いスピード昇任であった。


1佐以降の職種部隊で見ると、第14護衛隊司令、第2護衛隊群司令、そして将補職にある海自幹部にとって非常な名誉である、練習艦隊司令官も経験。中央(海上幕僚監部)では、装備体系課に加え、エリートポストの一つである人事教育部補任課長を経験。
(引用:湯浅秀樹(海上自衛隊幹部学校長・海将)|第30期・海上自衛隊


同期に佐世保地方総監の出口佳努、海上幕僚副長の西成人がいるため、次期、海上幕僚長は誰なのか気になるところです。





鬱病(うつ病)でも働きたい!自衛官の再就職支援前のページ

南国署地域課巡査を県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕@高知県警次のページ

関連記事

  1. 転職活動のメソッド

    非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、元陸上自衛隊の自衛官で無職の吉原真司容疑者。

    東京・足立区の公園のトイレに放火した疑いで、21歳の男が警視庁に逮捕…

  2. 自衛隊高級幹部

    【その経歴は?!】第4航空団司令兼松島基地司令 空将補 津田昌隆

    津田昌隆空将補だが、パイロットとしての初任地が平成2年4…

  3. 公務員の高級幹部

    【経歴に迫る!】航空総隊司令官 空将 内倉浩昭(防大31期)

    航空総隊司令官 空将 内倉浩昭の経歴に迫ります。…

  4. 公務員の高級幹部

    【気になる経歴】横須賀地方総監 海将 杉本孝幸

    横須賀地方隊(は海上自衛隊の地方隊のひとつ。主要部隊は神…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP