【有名な元官僚の経歴】元経済産業省キャリアだった宇佐美典也
(詳細を見る)



キャリア官僚を退職し転職したいと考えたことがあれば、宇佐美典也氏の本(肩書き捨てたら地獄だった – 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方 (中公新書ラクレ))を読んだことがある方が大半であろう。

その宇佐美典也氏の経歴に迫りたい。

1.【宇佐美典也氏の経歴】

1981年、東京都生まれ。暁星高校、東京大学経済学部を経て、経済産業省に入省。企業立地促進政策、農商工連携政策、技術関連法制の見直しを担当したのち、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)にて電機・IT分野の国家プロジェクトの立案およびマネジメントを担当。2012年9月に経済産業省を退職。現在、再生可能エネルギー分野や地域活性化分野のコンサルティングを展開している。
(引用:TBScasting

2.【宇佐美典也氏の出ている番組】

レギュラー番組はなさそうです。ただ、AbemaPrime で築地市場の行方は?宇佐美典也VS都民ファ伊藤ゆうが公開討論が後悔討論をしたと思われます。

3.【宇佐美典也氏の本】

①<逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界―(新潮新書)
肩書き捨てたら地獄だった – 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方 (中公新書ラクレ)
30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと
朝日新聞がなくなる日 – “反権力ごっこ”とフェイクニュース –

宇佐美典也氏は、再生可能エネルギー分野や地域活性化分野のコンサルタントとしても活躍しております。以下が、宇佐美典也氏の記事になります。
①再生可能エネルギー政策の抜本的見直しが始まる
経済産業省で再生可能エネルギー政策の抜本的な見直しに関する議論が始まっている。固定価格買取制度が始まったのは2012年、この3年間で再生可能エネルギーを囲む環境は大きく変化しつつある。

主な点を上げると、想定以上の太陽光発電の大量導入による消費者への価格転嫁、電力系統の逼迫、原発の再稼働、電力自由化の進展、長期エネルギー見通し(エネルギーミックス)の確定といったところであろう。こうした変化を踏まえて経済産業省は2015年9月から再生可能エネルギー導入促進関連制度改革小委員会(以下「再エネ改革小委」)を立ち上げ、制度改正に向けた議論を本格化させている。

続きはこちら

以上が、宇佐美典也氏の紹介になります。


社長の右腕に立候補


【元公務員の体験談】公務員からの転職で後悔や失敗しないの成功の秘訣<br>(詳細を見る)前のページ

〜退職したいことを上司に伝えられない自衛官へ〜元自衛官である私の伝えた方伝授<br>(詳細を見る)次のページ

関連記事

  1. 有名な元公務員

    【有名な元官僚の経歴】元通商産業省キャリアだった岸博幸
    (詳細を見る)

    有名な元官僚の代名詞と言えば、岸博幸氏であろう。様々なニュース…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP