転職と副業のかけ算。それが、生涯年収を上げる方法【詳細を見る】

転職と副業は、サラリーマンであれば誰でも使うことができる「術」であります。しかし、これをかけ合わせてキャリを組み上げている人は、まだ多くないのが現状です。

「転職と副業のかけ算」の著者、motoこと戸塚俊介さんは自身の市場価値にこだわってキャリアを築いてきました。その中で編み出したのが、「転職と副業のかけ算」とのことです。

ホームセンターの人事として出した成果に転職をかけ合わせ年収を上げ、転職を繰り返した経験に副業をかけ算にすることで収入を増やしていったそうです。

同時に、様々な業界を渡り歩いたことで、自身の市場価値を高めました。

市場価値を高める上で大切なのは、キャリアの「かけ算」です。「軸ずらし転職」は、まさに市場価値を高める過程で得た転職方法です。

また、副業でも、本業を利用していくつかの分野の知見をため、そこで得た情報をかけ合わせて発進することで、個人のブランドは築き上げられます。

本業と副業、転職のいずれにも必要なのは「かけ算」です。

かけ算は元の値が高いほうが、かけ合わせた時の積も大きくなります。したがって、本業で十分な経験や成果を上げ、数字を大きくすることが重要です。元の値が小さいままでは、何かをかけ合わせても市場価値は上がりません。

ある分野で圧倒的に突き抜けて「1000万人に1人の存在」になることは難しいのですが、本業で努力を重ねることで特定の分野で「1000人に1人」の存在になることはできるのです。

同じように転職して別の分野で100人に1人の存在になることはできるのです。100✖︎100で「1万人に1人の価値を持つ人材」になることはできます。

会社員として働く以上は、企業に求められる「市場価値の高い人材」であり続ける必要がある一方、会社に依存するだけの人材になってはいけません。本業で得た知見を副業にかけ合わせ、「個人として稼ぐ力」を高めることが重要です。

それが、生涯年収を上げる「生き方」に繋がります。
(引用:「転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方」)








「今日から使える」知識の生かし方【詳細を見る】前のページ

「弱くても勝つ」ランチェスターの法則<br>【詳細を見る】次のページ

関連記事

  1. 「あなた」という商品を高く売る方法

    転職する人に必要なスキル
    【詳細を見る】

    転職する人に必要なスキルについて「3年後、転職する人、起業する人、会…

  2. 「あなた」という商品を高く売る方法

    会社員のあなたが「自分商品の価値」を高めるためにすべきこと
    (詳細を見る)

    以下は、「自分マーケティング―― 一点突破で「その他大勢」から抜け出…

  3. 「あなた」という商品を高く売る方法

    「もっと話したい!」と思われる人の5つの条件
    【詳細を見る】

    「もっと話したい!」と思われる人には共通点があります。その5つの条件…

  4. 「あなた」という商品を高く売る方法

    履歴書に書いた方が良い資格、書かない方が良い資格
    【詳細を見る】

    履歴書に書いた方が良い資格、書かない方が良い資格を「会社に頼れない時…

  5. 「あなた」という商品を高く売る方法

    【転職したい自衛官】「あなたの強み」を育てる

    自衛隊から民間に転職する時、市場価値が下がり、自衛官の給料の時よりも…

  6. 「あなた」という商品を高く売る方法

    将来の不安を払拭!転職や副業向けに磨くべき5つのポータブル・スキルとは?

    今回の相談者は、金融関連の会社に勤務する20代の会社員です。新卒・総…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP