転職する人に必要なスキル
【詳細を見る】

転職する人に必要なスキルについて「3年後、転職する人、起業する人、会社に残る人」から紹介します。

転職は、当たり前ですが転職先があって初めてできるものであり、要は自分のことを「ほしい」と言ってくれる企業があるかどうかが焦点になります。そうして場合に求められる「売り」を自分は持っているか、ということをまず考える必要があります。

①適応力

あらゆる会社で、組織の「文化」は違います。そうした点でうまく順応できる能力が大切になります。

②即戦力

「即戦力」としての貢献度もカギになります。転職先が希望する仕事内容とズレがないかどうかの見極めも大事ですが、転職して、自分が今までやってきたことで、転職先に貢献できるかどうか、貢献度の見極めも指標の一つです。

実際、これは難しい判断です。なんとなく転職して、その結果、貢献できなかった、すなわち期待に応えられなかったというのは、実際には結構あることです。

転職者としては、なかなか結果に結びつかないことは相手の期待に背くことにもなります。その見極めを自分でできるかどうかも重要です。

③イメージ力

イメージ力というのは、たとえば中長期的に、自分が転職先でどのように貢献できるかという予測を立てる能力です。自分が1年後、3年後に会社にどんな成果をもたらすことができるかイメージできるかということです。

転職者に対しては、企業は短期間で戦力になることを求めていますが、せっかく自分が培ってきたものが活かせなかったら意味がありません。長期的にどのような形で貢献できるかについても見極めが必要です。

④計画力

ここでは転職活動における計画のスキルのことです。実際に転職するにあたり、いつまでに事前の情報収集を終えるか、いつから転職活動をするかなどのスケジューリングです。準備をしっかりして、実際に活動して、転職するまでには結果的に半年から1年ほどかかるかと思いますが、しっかりとした計画が大切になります。

⑤気配り力

これは主に辞め方におけるスキルです。円満に辞めるために、今いる職場に迷惑がかからないこと、かつ家族の了解を得るといことが大前提になります。できれば、引き継ぎなども十二ぶんに実施して、現在勤務する会社に送別会をしてもらって辞めるような円満退社が望ましいでしょう。

⑥転職理由

やはり、ポジティブな転職をしてほしいものです。不満があって動くというケースが多いですが、内面的にも外面的にもできるだけプラスのイメージをつけて頂きたいと思います。結果的に、次の会社に「こういう前向きなキャリアアップの考えがあって転職します」という積極的な思い、すなわちプラスの想いを持ち、それが相手に伝わらないと、転職の成功は難しいと言えるでしょう。



「もっと話したい!」と思われる人の5つの条件<br>【詳細を見る】前のページ

ビジネスをうまく立ち上げる人の「考え方」<br>【詳細を見る】次のページ

関連記事

  1. 転職活動のメソッド

    自衛隊の中途退職を円滑に進める方法

    最も難しい中途退職「転職するよりも退職するほうが困難である。」いろ…

  2. 「あなた」という商品を高く売る方法

    第一印象を効果的にするテクニックとは?
    【詳細を見る】

    第一印象を効果的にするテクニックについて「本当にわかる心理学」から紹…

  3. 公務員からの転職成功戦略

    公務員から大企業への転職は人脈・法律知識・入札知識が大事!
    【詳細を見る】

    公務員から大企業への転職する場合は、①人脈、②法律知識、③入札知識こ…

  4. 転職活動のメソッド

    【サイボウズ株式会社】社長室長・中村龍太が語る副業/複業とは
    (詳細を見る)

    サイボウズで社長室長として中村龍太は活躍しながら自営農家、コラボワーク…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP