転職する人に必要なスキル
【詳細を見る】

転職する人に必要なスキルについて「3年後、転職する人、起業する人、会社に残る人」から紹介します。

転職は、当たり前ですが転職先があって初めてできるものであり、要は自分のことを「ほしい」と言ってくれる企業があるかどうかが焦点になります。そうして場合に求められる「売り」を自分は持っているか、ということをまず考える必要があります。

①適応力

あらゆる会社で、組織の「文化」は違います。そうした点でうまく順応できる能力が大切になります。

②即戦力

「即戦力」としての貢献度もカギになります。転職先が希望する仕事内容とズレがないかどうかの見極めも大事ですが、転職して、自分が今までやってきたことで、転職先に貢献できるかどうか、貢献度の見極めも指標の一つです。

実際、これは難しい判断です。なんとなく転職して、その結果、貢献できなかった、すなわち期待に応えられなかったというのは、実際には結構あることです。

転職者としては、なかなか結果に結びつかないことは相手の期待に背くことにもなります。その見極めを自分でできるかどうかも重要です。

③イメージ力

イメージ力というのは、たとえば中長期的に、自分が転職先でどのように貢献できるかという予測を立てる能力です。自分が1年後、3年後に会社にどんな成果をもたらすことができるかイメージできるかということです。

転職者に対しては、企業は短期間で戦力になることを求めていますが、せっかく自分が培ってきたものが活かせなかったら意味がありません。長期的にどのような形で貢献できるかについても見極めが必要です。

④計画力

ここでは転職活動における計画のスキルのことです。実際に転職するにあたり、いつまでに事前の情報収集を終えるか、いつから転職活動をするかなどのスケジューリングです。準備をしっかりして、実際に活動して、転職するまでには結果的に半年から1年ほどかかるかと思いますが、しっかりとした計画が大切になります。

⑤気配り力

これは主に辞め方におけるスキルです。円満に辞めるために、今いる職場に迷惑がかからないこと、かつ家族の了解を得るといことが大前提になります。できれば、引き継ぎなども十二ぶんに実施して、現在勤務する会社に送別会をしてもらって辞めるような円満退社が望ましいでしょう。

⑥転職理由

やはり、ポジティブな転職をしてほしいものです。不満があって動くというケースが多いですが、内面的にも外面的にもできるだけプラスのイメージをつけて頂きたいと思います。結果的に、次の会社に「こういう前向きなキャリアアップの考えがあって転職します」という積極的な思い、すなわちプラスの想いを持ち、それが相手に伝わらないと、転職の成功は難しいと言えるでしょう。



関連記事

  1. ベンチャーと大企業の選択、転職に迷った時のアドバイス【詳細を見る】

  2. 【自衛官が転職するための思考】1センチの開きが人に差をつける

  3. 【公務員からの転職】30代、40代で磨く国には頼れない世界で生き抜く技…

  4. 【公務員からの転職】「決意があるかどうか」これが決めて

  5. 履歴書に書いた方が良い資格、書かない方が良い資格
    【詳細を見る】…

  6. 転職と副業のかけ算。それが、生涯年収を上げる方法【詳細を見る】

【ABOUT】

人生充実のヒント

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。

【公務員からの転職術】
1.転職エージェントや大手求人サイトに頼り過ぎるな

2.掘り出し求人をいかに見つけるか

3.自分が接したことのあるサービスを提供している会社を選べ

人生充実のヒント