『未経験者必見』適職・求人探しの方法ベスト3
【詳細を見る】

一般に、求職方法の効率は、あなたがどのくらい時間と労力をかけなければならないかによって決まる。誰もがより効率的な方法を求めて、魔法のようにあ効き目があって、時間も労力もほとんどいらない「特効薬」はない。厳しい就職状況において、仕事を見つけるのに最良と思われる方法を3つ紹介する。
(以下、引用:「 適職と出会うための最強実践ガイド

①親族、友人、近所の知人に求人情報を尋ねる

あなたは親類や知人にひとつの簡単な質問をします。「従業員を募集している会社を知りませんか?」。この方法の成功率は33%くらいです。つまり。この方法だけで職探しをした場合、100人中33人は幸運にも仕事を見つけることができるが、残りの67人は見つけれない。

これが仕事を探す5つの最良の方法の一つだと知ってあなたは驚くかもしれません。しかし、転職市場では。全てが相対的であります。例えば、この方法の成功率は、履歴書作戦の成功率のおよそ5倍であります。

家族や友人に求人情報を尋ねる方が、履歴書をあちこち送るよりも、仕事を見つけられる可能性はおよそ5倍も高いのです。

②興味ある会社、工場、オフィスなどに、求人があろうとなかろうと、とにかく直接訪ねていく


これは大企業ではない方がうまく行きます。成功率は大きく異なります。ただ、人事課や人事部長は、雇用側の人間であって、あなたの味方ではない。彼らの基本的な仕事は、あなたをふるいにかけて落とすので、できればそこは避けた方が良い。

この方法の成功率は47%とくらいです。つまり、この方法だけで職探しをした場合、100人中47人は幸運にも仕事を見つけることができるが、残りの53人は見つけられません。

しかし、この場合も、履歴書をあちこちに送るよりも、仕事を見つけれる可能性はおよそ7倍も高いのです。

③徹底的に自分自身に突いて下調べをする。

職探しの方法には見えないが、これはまさに職探しの方法なのである。この方法はもともと、1936年に、ウェスタン・エレクトリック社のA・W・ランによって考案されました。

彼はこの方法の成功率は80%だと報告しております。これは、外で歩き回る前に、徹底的に自分自身について下調べをするという方法です。目的は、自分はどんだ人間なのか、転職市場に自分はどんなものを提供できるのか、自分という人間にどのような職種が向いているのか、自分の人生はどいうことをする価値があるのか、をより深く理解することです。

この方法は1930年代から、洗練と改良が重ねられてきており、現在の成功率は86%と思われるのです。どんな職探しの方法よりも断然高い割合です。

この成功率は、どんな職探しの方法よりも桁外れに高い。自分自身に突いての下調べをきちんとやれば、履歴書をあちこち送るよりも、仕事を見つけれる可能性はおよそ12倍も高くなります。

自分自身について下調べすることによって以下の効果があります。
・あなたは自分をさまざまな方法で説明できるようになります。
・あなたは自分が何を探しているかを詳しく説明できるようになります。
・あなたははるかに多くのエネルギーを職探しに注ぐことができます。
・目的とする会社にアプローチすることができます。


以上が適職・求人を探す方法ベスト3になります。





関連記事

  1. 【必見】幹部自衛官がうつ病になって退職する前に読む本

  2. 40代・50代の警察官の転職力を上げる方法(職務経歴書の書き方)

  3. 【公務員からの転職】履歴書と職務経歴書の書き方

  4. 【転職したい自衛官の思考】転職活動で最も大切なこと

  5. 【自衛官が転職するための思考】「頭」で食べる時代

  6. 自衛隊の中途退職を円滑に進める方法

【ABOUT】

人生充実のヒント

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。

【公務員からの転職術】
1.転職エージェントや大手求人サイトに頼り過ぎるな

2.掘り出し求人をいかに見つけるか

3.自分が接したことのあるサービスを提供している会社を選べ

人生充実のヒント