#公務員も利用#退職代行業者の選び方
【詳細を見る】

最近では退職代行を利用する公務員もいるとのことです。しかし、様々な退職代行業者がいる中で、誰が信用できるかわからないと思います。そんな公務員に退職代行業者の選び方を「退職代行マニュアル」の言葉にて紹介します。

【退職代行業者選びは慎重に】

もし、あなたが今、公務員を辞めたい、でも、上司には直接言えない、というのであれば、友達に退職代行を頼む、というのもひとつの方法かもしれません。

以下のことを読み上げてもらえばいいだけです。
①いつ退職届が届くのか
②退職理由
③直接連絡して欲しくない旨

以上が伝えわれば十分です。勤務先に対応を拒否されたとしても、退職届を送付すれば大丈夫です。

しかし、状況によって何が起こるかわかりませんし、有給休暇や必要書類の話など、退職の際には考えるべきことがたくさんあります。友だちの対応次第では、会社側に不信感を抱かせることになりますし、一方、頼まれた友だちの対応次第では、勤め先に不信感を抱かせることになります。

また、頼まれた友だちは相当なプレッシャーとストレスを感じるはずです。こうしたことを考えると、お金はかかりますが安価で信頼のできる退職代行業者を探して依頼した方が、効率はいいように思います。

インターネットで「退職代行」と検索すると、たくさんの業者がヒットします。退職代行にはノウハウやスキルは絶対に必要ですが、特別な資格なく起業出来ますので、新規参入が多く業者が乱立しています。

当然、信頼できる業者もあれば、そうでない業者もあります。実際、他社で退職出来なかったという人が依頼する場合があります。

例えば、代行業者が会社に連絡を入れたものの「本人でないと話はしない」と突っぱねられ、「あとはどうしようもできません」と投げ出してしまう代行業者もいるのです。

もし、会社から拒絶されて転職先やハローワークに提出すべき書類がもらえなかったとしても、別の機関を通して入手することはできますし、直接やりとりをしなくても済む方法はあります。ノウハウがあれば、緊急事態にも対応できます。

何事もなくしっかり会社を辞められるのか・・・・・。ただでさえ不安が多い時に、スキルのない代行業者にふりまわされるのは精神衛生も、よくありません。急ぐ気持ちはわかりますが、退職代行の業者選びは慎重に行ってもらいたいと思います。

【代行業者の選び方】

大切なのはとにかく、さまざまな退職代行業者のサイトを見て、よく比較検討することです。その時のチェックポイントは以下の通りです。

①ふざけた名前の代行業者
②「円満退職」「即日退職」を謳う代行業者
③「業界最安値」との虚偽記載
④期間の明記のない「期間限定料金」
⑤弁護士と料金を比較している代行業者
⑥自作のプレスリリースを目指す「メディア掲載多数」

代行業者の中には、利用者の勤務先をバカにしたような屋号の業者もあります。会社に電話をして、その名前を名乗った時に、会社側はどういう印象を持つのだろうかと考えると、微秒ですね。

代行業者の真髄は「謝罪と低姿勢」であり、謙虚に謝意を示すのがもっともスムーズにことを運ぶ秘訣であります。こうした業者はこのいちばん肝心なところが見えていないのではないでしょうか。

さらに業者のサイトやツイッターをパッと見て、日本語やローマ字がおかしいところは辞めておきましょう。

「円満退職」「即日退職」を謳う業者には、あまり誠実さを感じません。誰もが角を立てずに円満に辞めたいとは思うでしょうか、最初から辞めさせる気がない上司であれば、自分の手で退職届を出そうと代行業者を頼もうと不愉快にさせることは避けられません。円満に退職できるかは、やって見ないとわからないのです。

また、その日のうちに仕事に着手する「即日対応」はできたとしても、「即日退職」を約束することはできないのです。依頼の時点でできるかできないかがわからないことを、断定的に書くのは不誠実になります。

【退職代行業者の選別は実績を確認】

退職代行業者を選別するに当たって重要なのが実績です。実績があるということは、蓄積されているノウハウが豊富で、大概の事態に対して前例があるので対応することができます。

業者の実績はLINE公式アカウントの友だち登録者数でわかります。なかにはリピーターやLINEを利用しない方もいますが、かなりの少数派なので、おおよその実績はLINEの友だち登録者数から判断して問題ないとのことです。

その他、比較サイトで比較してみるのも手になります。
(引用:「退職代行マニュアル」)





関連記事

  1. 【公務員からの転職】30代、40代で磨く国には頼れない世界で生き抜く技…

  2. 公務員から大企業への転職は人脈・法律知識・入札知識が大事!
    【詳…

  3. 【警察官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方

  4. 【元公務員の体験談】公務員からの転職で後悔や失敗しないの成功の秘訣

  5. 転職する人に必要なスキル
    【詳細を見る】

  6. 【転職事情】公務員から民間企業への転職はなぜ難しいのか

【ABOUT】

人生充実のヒント

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。

【公務員からの転職術】
1.転職エージェントや大手求人サイトに頼り過ぎるな

2.掘り出し求人をいかに見つけるか

3.自分が接したことのあるサービスを提供している会社を選べ

人生充実のヒント