自衛隊の中途退職を円滑に進める方法

最も難しい中途退職

「転職するよりも退職するほうが困難である。」いろいろ人や書物、昔からずっとずっと、長い間言われていることです。

なぜ人間は「退く」ことができないのか。「損失回避性」による、「エセ不肖不屈」。。。心理学では、利益から得られる満足より同額の損失から得られる苦痛の方が大きいとよく言われます。

人間の心理には、損失より大きく評価してしまうところがあり、その心理的インパクトは、利益の2倍とも2.5倍あるとも言われています。

ここまで来たのだから戻れない。帰れない。引き返せない。人生の様々な局面で、このような場面があると思います。ネガティブな緊張状態の元で下す判断は、ほとんどが良い結果を生みません。

それは、様々な一流の格闘家やスポーツ選手が証言しています。失敗する人のほとんどが、すでにネガティブなプレッシャーに潰されています。

しかし、思考停止状態にあるにも関わらず、自分は冷静であると思い込み、なおかつ、必死で頑張ればいずれ逆転するという「神話」を信じてしまわざるを得ない状況です。

すなわち、「この苦境は必ず乗り越えられる」「絶対にいつか逆転できる」「不肖不屈の精神」そんな多くの日本人に先祖代々受け継がれている気概。あるいは美徳。この「不肖不屈」という日本人が集団意識として持つ美徳。その気持ちはとても大事なことだし、それは今までも数々の素晴らしい奇跡を起こして来ました。

ただ、この日本という国の自殺率の高さをご存知だと思います。これから確実に迎えるであろう超高齢化社会を前に・・・世界ランキングでもいつも上位です。

支えるべきお年寄りが圧倒的に増える中、働き盛りの大黒柱。夢を追いかけている若者、未来ある学生までが自らの手で命を絶っていく。こんな嘆かわしいことがあるのでしょうか。こんな悲しいことがあるのでしょうか。

自衛隊を中途退職し明日から自衛隊に行かなくても良くなる方法

・すぐに明日からしばらく休める方法はないか
・一番長く、なおかつお得な休み方はあるのか
・休養中に自分がなにか成長できるものはあるか。

もしかしたらもっといい方法があるのかもしれません。

「明日から自衛隊に行かなくても良くなる方法」

<概要>
1.病気休暇(3ヶ月間程度)※自衛隊の規則にもよる
2.傷病手当金(1年6ヶ月間)
3.職業訓練

まずは公的扶助の全体像を理解し、いち早く手続きに動きましょう。「ちょっと待って。自分は病気も怪我もしていない。病気休暇なんて取れないぞ・・・」

そう思われるかとは思いますが、ご安心ください。

「無理なく、自然に」
「かと言って会社があなたを強制的に登庁することができない」

病院で「心療内科で”うつ病”、”適応障害等”の診断書を書いてもらう」

ただそれだけです。この診断書があるだけで、自衛隊ならもうあなた登庁させることはできません。

ちなみに診断書を書いてもらうのは簡単です。初診時に問診票を記入します。

頭痛、吐き気、目が良く見えない、手足が震える、手足が痺れる、舌がうまく回らない、物忘れがある、話が周りくどい、涙もろい、怒りっぽい、惹きつけ、気を失う・・・等々

まずそいうアンケートみたいな奴に○をつけます(問診票)

これらの問診票の回答や、医師との診察での受け答え、全てネガティブな感じで答えるだけです。あっけないくらい簡単に診断書を得ることができます。

それさえあれば、自衛隊に登庁しなくとも、大丈夫になります。

これらの公的扶助を全て受給できれば、少なくとも見積もって2年以上、その長期に渡り、目安としては、現在の月収の60%程度の公的扶助を受けることができます。

仮病で一週間程度休んだところ、あなたの人生は何も変わりません。周りの人に、子どもじみた嘘をつく奴だと思われて終わるだけです。

2年間休めるならば、あなたの人生を変えるには十分な療養期間になります。

重要なのは「中途退職後」から

療養期間の落とし穴について記載します。インターネットにある中途退職関係のサイトや書籍ならびに情報商材などは、退職する「手続きだけ」を説明しているものが多いです。

中途退職するだけ知るんだったら、あまり意味がないと思います・・・・・

かと言って、そsの充電期間をどのように過ごせば良いのか。そこまで具体的に教えてくれているものはなかなか内容に思います。

ですが、実は本当に大切なのは、この「自衛隊を退職してからの充電期間をどう過ごすか」です。

あなたの人生にとって、「再就職に向けて頑張ること」は一番重要なコオではありません。充電期間中のあなたの人生にとって一番重要なことは

・どれくらい心を回復させることができるか
・どれくらい技を習得できるか
・どれくら体を休められるか
・どれくらい人として成長できるか


これらのことにフォーカスしていれば、再就職できるかどうかの問題などは、自然に解決に向かいます。






関連記事

  1. 【自衛官が転職するための思考】1センチの開きが人に差をつける

  2. 【必見】幹部自衛官がうつ病になって退職する前に読む本

  3. 【自衛官が転職するための思考】「頭」で食べる時代

  4. 【転職したい自衛官の思考】転職活動で最も大切なこと

  5. 【自衛官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方

  6. 【公務員からの転職】履歴書と職務経歴書の書き方

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。