【経歴の分析】ビズリーチ代表取締役 多田洋祐氏が就任。

ビズリーチは2019年12月23日、組織編成によるグループ経営体制の移行を公表した。今回の移行で、現在ビズリーチ代表取締役で創業者の南壮一郎氏はビジョナルとスタンバイの代表取締役に、またビズリーチの代表取締役には現在、同社取締役でHR Techカンパニー長を務めた経歴のある多田洋祐氏が就任予定。

ビズリーチ、多田洋祐氏の経歴

2006年、中央大学卒業。大学在学中よりヘッドハンティング会社で経験を積み、卒業後、エグゼクティブ層に特化した人材紹介会社を立ち上げてトップヘッドハンターとして活躍する。

2012年、人事部長として株式会社ビズリーチ入社。ビズリーチのサービスとヘッドハンターとしての経験を融合し、「ダイレクト・リクルーティング」と命名する。

「ダイレクト・リクルーティング」は、経営者や人事がインターネットを通じて自ら求職者にアプローチするなど、主体的・能動的に行う採用活動を指し、海外では同様の採用手法が「ダイレクトソーシング」などの名称ですでに主流となっている。

ビズリーチは「ダイレクト・リクルーティング」を実践、その入社率は80%を超え、実施率は日本企業のなかでもトップクラスとなった。キャリア事業全体を統括し、日本においても広まりつつある「ダイレクト・リクルーティング」のさらなる普及に努める。
(引用:多田洋祐氏(ビズリーチ 取締役,事業部長/責任者) の経歴、学歴、キャリアパス

ビズリーチCTO×HRTechカンパニー長が語る、ものづくりとビジネスの理想の関係性

ものづくりの会社との違い

竹内:多田さんは前職では人材紹介事業を経営していたので、領域は大きく変わっていませんが、ビズリーチはインターネットでビジネスの構造から大きく変革をしようとしてきましたよね。これまでの経験と比べて、どのような点で違いましたか?

多田:経営の在り方と、ものづくりの考え方という2つの観点から話したいと思います。

人材紹介事業で起業していたときは、自己資本1,000万円からのスタートでした。キャッシュフローを過剰に気にして、目の前のお客様に価値提供をしていくことがメインになり、中長期の投資を考えられる状態ではありませんでした。

私がビズリーチに入社した2012年は、まだ20、30人のときで、キャッシュが潤沢にあったわけではないにも関わらず、目の前の売上よりも中長期でプロダクトを作る投資期間がどのくらいあり、投資に対してこれだけ回収しようということが重視されていました。当たり前の話だと思いますが、経営の在り方において、ものづくりとはこういうことなんだと体感しました。

また、ものづくりの考え方で言うと、竹内さんがとにかく私たちに伝えていたのは、「セールス側の要望はHOWまで伝える必要はない」ということです。何を実現したいのか? という要望を伝えれば、アーキテクトや作り方はエンジニアがやるから、と。

例えば「このボタンはここに設置してほしい」と伝えると「なぜ?」という質問が飛んできます。「顧客は何に困っているのか」「どういうことが実現できれば良いと感じているのか」をどんどんと聞いてきてくれる。そこから先は自分では思いもつかないような方法で、ものづくりに携わるみなさんが顧客のペインを解決してくれたりしました。


ただ、受託的な考え方で、言われたものを作ってほしい、と要望してはいけない。ビズリーチには、僕がセールスを見る前からその文化は浸透していたので、とても健全な関係だと思います。

続きはこちら
ビズリーチCTO×HRTechカンパニー長が語る、ものづくりとビジネスの理想の関係性

これからのビズリーチ、多田洋祐氏の経歴や動向に目が離せないですね。


ハイクラス転職サイト「転機」



関連記事

  1. 【経歴の分析】アパグループの元谷外志雄代表と、アパホテルの元谷芙美子社…

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。