【経歴?!】南西航空方面隊司令官 空将  鈴木康彦は次期総隊司令官か?
【詳細はこちら】

第3代南西航空方面隊司令官 空将 鈴木康彦の経歴に迫ります。

【経歴】
防大32期
1988年4月 幹部候補生学校(奈良)
2005年3月 第83航空隊第302飛行隊長(那覇) 2013年8月 第83航空隊司令兼那覇基地司令(那覇) 2017年8月 航空幕僚監部人事教育部長(市ヶ谷) 2019年8月 現職

【関連記事】
沖縄周辺区域の防空・救難活動に従事する航空自衛隊南西航空方面隊の新司令官に着任した鈴木康彦空将は3日午後、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。同方面隊は那覇空港に隣接する那覇基地に司令部を置き、同空港を活用する戦闘機部隊の第9航空団などを統括する。鈴木氏は元戦闘機パイロットで、那覇基地に配置されていた部隊で隊長も務めた。今回で4回目の沖縄赴任。8月23日付で着任した。 (引用:「県と連携強化を」 空自新司令官が知事表敬【八重山新聞】)

鈴木氏は改編前の第83航空隊最後の司令である経歴をもつ。正確には、後を継いだ川波清明(第32期)が第83航空隊最後の司令として、改編された第9航空団初代司令に着任しているため、川波が最後の司令となるが、83航空隊司令職を全うしたという意味での最後の司令だ。鈴木にとって沖縄は非常に馴染み深い現場で、第83航空隊302飛行隊長を務めるなど3度の現場指揮経験を持つ。 (引用:日本国自衛隊データベース)

【今後のキャリアは?!】 同期では阿部睦晴空将が航空幕僚長副長になっているので、次期航空幕僚長になるとは考えにくい。そう考えると次期総隊司令官ではないか?今後の人事に注目です。


年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】




まずは7日間無料で試してみる


【経歴は?!】空将補 德重広為智@第2航空団司令兼千歳基地司令<br>【詳細を見る】前のページ

【なぞの経歴】航空幕僚副長 の空将 阿部睦晴は次期、航空幕僚長?<br>【詳細を見る】次のページ

関連記事

  1. 公務員の高級幹部

    【気になる経歴】佐世保地方総監 海将 出口佳努は次期、海幕長?

    ■佐世保地方隊とは佐世保地方隊(asebo District)は海…

  2. 公務員の高級幹部

    【気になる経歴】自衛艦隊司令官 海将 湯浅秀樹

    ■自衛艦隊とは自衛艦隊(Self Defense Fleet)は、…

  3. 自衛隊高級幹部

    【その経歴は?!】第4航空団司令兼松島基地司令 空将補 津田昌隆

    津田昌隆空将補だが、パイロットとしての初任地が平成2年4月、築城に所…

  4. 自衛隊高級幹部

    【経歴は?!】空将補 德重広為智@第2航空団司令兼千歳基地司令
    【詳細を見る】

    2019年23日付で航空自衛隊第2航空団司令兼千歳基地司令に就…

  5. 自衛隊高級幹部

    【どんな経歴?!】防衛装備庁長官官房装備官の空将 尾崎義典

    2019年12月14日、空将補 尾崎義典は空将へ昇任しました。そして…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP