自分の”存在感”を発揮する賢い方法
【詳細を見る】

自分の”存在感”を発揮する賢い方法を「いい仕事をする人は、いい言葉を選ぶ」から紹介します。

会話のレベルや質で人は人を評価します。もちろん行動や仕事の実績も評価の対象となりますが、会話は評価の始まりになります。

したがって、いいタイミングで、自分をアピールできると評価は上がります。

「オレがオレが」と、猛烈に自己アピールするタイプは嫌われますが、まったく自分をアピールしないのも、もったいないことです。

「あの人、存在感ないね」「何やってるかわからないね」と言われるのは残念です。せっかく新しい取り組みをしても、成果を上げても知ってもらえなかったら、自己満足で終わってしまいます。

せっかく頑張っているのですから、「自分はこんなことをやってます」と折に触れ、知ってもらうことが大切です。

「誰にも聞かれてないのに、自分からアピールするなんておこがましい」と思わず、上手に言葉で自分をアピールしたほうがしごとがやりやすくなります。

具体的な仕事の成果をアピールすることだけでなく、特別な成果を上げなくてもアピールの方法はあります。

自分が深く掘り下げた情報を周囲に話したり、日頃考えていることを投げかけたりしていくと、次第に「よく考えている」「いい仕事をしている」という評価ができていきます。
何の脈絡もなくアピールするのは変です。さりげないアピールには流れが大事。まずは、どんなところでアピールするのか。会議やメールでのやり取り、普段の何気ない対話の中で、「最近、どう?」というような流れをつくり、アピールする方法があります。

たとえば、会議の席の何気ない会話の中で、

「〇〇さんのところは最近、どんな提案案件が出ていますか」
「あまり変わり映えしないだけど、新しいところでは通信系と物流系かな」
「そうですか。通信系は動いている感じですよね。私も先日、通信系のA社に提案しました。ちょっと切り口を変えて、商品〇〇と△△サービスをセットにした提案にしたら、とても興味を持ってくれて受注を取れました」
「へぇ、すごいね。そのセット提案、くわしく教えてくれない?」

ポイントは、一方的に話すのではなく、相手のやっていることも聞きながら話していくことが大切です。結果が出ていることだけでなく、取り組んでいることでも十分なアピールになります。

また、仕事に直接関係することでなくても自分の存在感を高める方法があります。「私はこんなことを考えています」ということを伝えるパターンです。

これは、自分が問題意識を持って考えたこと、読んだ本、出会った出来事、見聞きしたことを発信するだけでも良いのです。

日頃のちょっとした会話の中で、自分の感じたことや考えたことを伝えていると「あの人は、自分なりの視点を持って物事を見ている」「日頃からよく考えている」と一目置かれるようになります。





関連記事

  1. 【幹部自衛官の思考】登りつめる男の辞書に「遅れる」の文字はない

  2. 【転職したい自衛官の思考】初めて会う相手、どう情報収集する?

  3. 【転職したい自衛官の思考】移動時間の有効活用

  4. 【転職したい幹部自衛官の思考】のぼりつめる男が面会のアポイントをとると…

  5. 【転職したい幹部自衛官の思考】初訪問の営業先に早く着いたら?

【ABOUT】

人生充実のヒント

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。

【公務員からの転職術】
1.転職エージェントや大手求人サイトに頼り過ぎるな

2.掘り出し求人をいかに見つけるか

3.自分が接したことのあるサービスを提供している会社を選べ

人生充実のヒント