【気になる経歴】海自横須賀地方総監 海将 酒井良




海上自衛隊横須賀地方総監部の新しい総監に酒井良海将が着任し、隊員らおよそ300人に対し訓示を行いました。


■横須賀地方隊とは
横須賀地方隊(よこすかちほうたい、英称:Yokosuka District)は海上自衛隊の地方隊のひとつ。主要部隊は神奈川県横須賀市にある横須賀基地に配備されている。日本の表玄関とも称すべき海域の防衛を担当しており、後方支援任務も海上自衛隊最大の規模と内容を有し、任務も多岐にわたっている。


■地方総監とは
地方隊の長は地方総監である。地方総監は、防衛大臣の指揮監督を受け、地方隊の隊務を統括し、また地方総監部の事務を掌理する。地方総監は、護衛艦隊司令官や航空集団司令官などのフォースプロバイダー(練度管理責任者)から提供された護衛艦や回転翼機をフォースユーザー(事態対処責任者)として運用する。


■海将 酒井良の経歴
滋賀県出身。防衛大学校(第31期)を卒業後、海上自衛隊に入隊。 入隊後は主に護衛艦や海上幕僚監部等で勤務したのち、横須賀地方総監部幕僚長、第47代大湊地方総監等の経歴があり、第45代呉地方総監を経て、2020年(令和2年)12月11日の閣議において、12月22日付をもって横須賀地方総監に着任する。


■横須賀地方総監 海将 酒井良に関する記事
海上自衛隊横須賀地方総監部の新しい総監に酒井良海将が着任し、隊員らおよそ300人に対し訓示を行いました。滋賀県出身で58歳の酒井新総監は、大湊地方総監や呉地方総監などを歴任しました。 隊員らおよそ300人に出迎えられた酒井新総監は、「コロナ禍で多様で過酷な任務に日々まい進する隊員諸君に心から敬意を表する」と激励。
(引用:海自横須賀地方総監部 酒井新総監が着任





【その経歴は?!】警察庁次長の中村格氏は次期警察庁長官か?<br>【詳細を見る】前のページ

陸自3曹を同僚から現金盗み懲戒免職 同僚から現金盗む@ 対馬駐屯地次のページ

関連記事

  1. 自衛隊高級幹部

    【その経歴は?!】第4航空団司令兼松島基地司令 空将補 津田昌隆

    津田昌隆空将補だが、パイロットとしての初任地が平成2年4…

  2. 公務員の高級幹部

    【気になる経歴】横須賀地方総監 海将 杉本孝幸

    横須賀地方隊(は海上自衛隊の地方隊のひとつ。主要部隊は神…

  3. 公務員の高級幹部

    【気になる経歴】福井地方協力本部・本部長 1等海佐 東良子

    ■福井地方協力本部とは自衛隊福井地方協力本部(じえいた…

  4. 公務員の高級幹部

    【どんな経歴?!】空将補 加治屋秀昭 小松基地司令兼第6航空団司令
    【詳細を見る】

    日本海側唯一の戦闘機部隊を持つ航空自衛隊小松基地。千八百…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP