【自衛官の副業】「新しい副業」とは

自衛隊は副業が認められていません。しかし、死ぬまで自衛官というわけでもない。今の時代、定年後でも働かなければ、生計を立てることが難しい人が大半であろう。そのためのスキルを少しでも磨いておくことが賢い生き方のように感じます。

副業について、「新しい副業の教科書 スキマ時間で月5万円の副収入! (インプレスムック)」の言葉を借りて紹介する。

副業をしている人って、いっぱいいる?稼げている?

現在、副業をしている人はどれくらいいるのでしょうか。経済産業省の調査では、副業をしている人は働いている人の全体の7.7%と結果があります。しかし、これから副業してみたいと考えている人は、50%を越えています。

副業をしている人の年収はどうなっているのでしょうか。「副業をしている雇用者」で、年収500万円を越える人は約36.5%です。日本の給与所得者の年間平均給与は422万円(国税庁平成28年度調査)くらいなので、副業で、月5万円、年間で60万円以上稼いでいけば、この年収ゾーンに近くかなと、イメージできるのです。

年収は高くなるのはいいけど労働時間も増えているのでは?と調べると、「副業をしている人」の労働時間は、働く人全体の労働時間とあまり変わらないと言われています。

新しい副業はスキマ時間でプラットフォームを活用する。

これからの調査から副業で年収を増やしている人は時間の使い方がうまいのではと推測されます。そこでおすすめしたいのが「新しい副業」です。

「新しい副業」では、副業をしたい人と仕事の依頼主を仲介するサービスを利用します。副業をしたい人はスマートフォンやパソコンで、スキマ時間を好きな場所で仕事で携われます。ちょっとした知識や経験を活かして、あるいは知識・経験なしで工夫次第で副収入が得られます。

仲介サービスを提供する企業は、商品の売買や仕事の受注など全て行える「プラットフォーム」という仮取引空間をネット上に用意しています。副業をしたい人はプラットフォームに登録し「アカウント」という取引口座を作り、ネット上で仕事の依頼をうけたり、お客様と直接コニュニケーションして、収入を得る仕組みです。

2018年度から就業規則モデルが「許可制」から「届出制」になり、より副業しやすくなります。この機会に「新しい副業」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

「新しい副業」は自分の都合に合わせられる。

「副業」というと、求人サイトでバイトを探し、電話やメールで問い合わせ、履歴書を準備して面接に行く。採用されると「何時には必ず来て、何時まで働いてください」と拘束されるイメージでした。

これでは本業に差し障りが出てしまう可能性があります。

また、知っている人に出くわして、バイトがバレてしまってはマズイので、後ろめたいイメージもあります。

それに比べて「新しい副業」は、登録から仕事の受注、支払いまで、ネット上で完結する仕事が多いので、納品の責任はありますが、場所や時間で拘束されることはありません。副業していることがバレにくいことも特長です。

「新しい副業」は評価で収入が変わってくる

「新しい副業」は、時間や場所に拘束されず、スマホやパソコンだけですぐに取りかかれるメリットがありますが、気をつけたい点があります。

その1つ目は「仕事の質が評価される」ことです。副業を仲介してくれる、制作したものを販売する場を提供してくれるプラットフォームの多くは、仕事をした人、販売をした人に、依頼した人や買った人などのユーザーから「評価」や「レビュー」がつきます。

その評価はプラットフォーム上で利用者に公開されます。そこで低い評価がついてしまうと、新しい仕事の依頼が減ってしまいます。

反対に高い評価や好意的なレビューが自分につくと仕事の依頼も増え、うまく仕事が回り出すでしょう。継続して収入を得たい、さらに収入を伸ばしていきたいなら、高い質の仕事や作品を提供するように心がけましょう。

始めるのもカンタンですし、スキマ時間を活用できる新しい副業ですが、「仕事の質」こそが大切になります。


新しい副業の教科書 スキマ時間で月5万円の副収入! (インプレスムック)

関連記事

  1. 【解禁】自治体が公務員の副業を推進(生駒市)

  2. 【自衛官の副業】パラレルキャリアとは何か

☆話題のニュース☆

転職前に知っておきたいこと

☆笑まち☆

公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

【運営者概要】
航空自衛隊を7年3か月で退職し、その後、4名程度のスタートアップの会社、10名程度のベンチャー企業、100名程度の創立10年程度の会社、IPO準備をしている会社を経て、今は上場企業に勤めるなど、様々なステータスの企業に勤めました。

職種としては、営業、総務、内部統制を経験しました。それぞれの会社が5か月〜3年程度と非常に短いですが、自分を成長させるには非常に濃い期間であったと思います。

その中の大半がIT企業で勤務しております。そのためか、ITの可能性を身近で感じることができ、かつ、私自身も非常に浅いが広い知識を身につけることができました。

そこでの経験を活かして、チャレンジしていくつもりです。

【笑まちを立ち上げた背景】
公務員である自衛官は非常に安定している職業です。また、人気があり、尊敬される職業とも見られています。そのため、家族や恋人に辞めたいと伝えた時、理解してもらえない事がほとんどのケースだと考えます。しかし、自衛隊は閉ざされた世界であり、また、安定した家庭を維持する事が難しい環境でもあります。私も一人悩み苦しんだ経験もあります。また、転職における失敗も多く経験しております。転職を勧めるわけではございません。ただ、もし公務員のような自衛官が転職した場合は成功といえる人生を送って欲しい。その気持ちから失敗から学んだ経験を活かし、悩んでいる自衛官の参謀役になります。ただ単純に転職するというよりも、「戦略的に」転職することで、大きなチャンスを得たり、もしくは将来起業したいということであれば、それに大きく近くようにいたします。また、転職エージェントに頼ることでチャンスの幅を狭めることのないように、転職エージェントに頼らない転職を提供します。皆さんの転機に「戦略的な」転職のお手伝いができれば幸いです。気軽にご相談ください。

なぜ辞めなかったのか。それは「自衛隊を辞めて何がしたいのか」を明確に答える事が出来なかったからです。

何かにチャレンジしたい、何か新しい事をしたい、何か刺激がある人生を送りたいと考えると自衛隊という組織環境が非常に苦しかった記憶があります。また、隣の芝生は青く見えていました。

はっきり言います。「何がしたいのか」その回答が明確に答えられなければ、自衛官からの転職は非常にリスクがあり、失敗で終わる可能性が高くなります。

私は「自衛隊を辞めて何がしたいのか」それに対する明確な答えを持っていない方を支援したい。まだ、それに対する明確の答えがない方はぜひ、メール相談をください。

「自衛隊を辞めて何がしたいのか」その答えを明確に答える事が出来た時、辞める勇気、1歩を踏み出す勇気が生まれます。私の経験を活かし、「辞めて(転職して)何をしたいのか」その答えを探すお手伝いをいたします。そしてしたいことを実現する戦略を一緒に考えます。

ちなみに私は転職エージェントではございません。IT会社の総務をしているサラリーマンです。したがって、何か求人を紹介するということは出来ません。また、何がなんでも転職を進めるということもしません。ただ、求人をうまく探すテクニックを教えます。

正直、人材紹介会社は溢れており、そのような会社は非常に多いです。転職エージェントを頼るのも一つです。しかし、エージェントを使ってうまくいく人は、ある程度その道が長い、プロフェッショナルだけです。自衛官である方が利用しても良い転職に巡りあう可能性は低いと考えます。なぜなら、企業は高い費用を払って紹介を受けるからです。

実際に人柄は凄く良くても、企業は支払うコストに見合うかということを考えますし、人材紹介会社と企業の料金交渉がうまく行かず内定を得られないというケースも多いのが現状です。私は転職エージェントを頼らない転職戦略をお伝えします。それは多くの失敗をしたからこそ得た転職に関わるスキルがあります。そのスキルを少しでもお伝えできたら幸いです。