【自衛官の副業】パラレルキャリアとは何か

長い中、安定した仕事というのはほぼないであろう。その中で、パーソナルブランディングは非常に重要であります。その手段としてパラレルキャリアという言葉があります。「パラレルキャリア──新しい働き方を考えるヒント100

」からパラレルキャリアについて紹介する。

【パラレルキャリアという言葉】


「パラレルキャリア」という言葉は、ピーター・ドラッガーが提唱している新しい働き方のひとつ。本業の仕事を一生懸命こなしながら、それとは別のやりたい夢の仕事を実現し、お互いの相乗効果で生きがいを感じる働き方です。

【副業を見つける】


「何のお仕事、されているんですか」・・・・・よく聞かれます。カフェの店主?古本屋さん?ギャラリー運営?金継ぎ作家さん?どれも正解です。

数年まで、僕がテレビのディレクター一筋20年という典型的な「シングルキャリア」でした。しかし、いまではすっかり複数の仕事もかけもちする「パラレルキャリア」で生きています。

これまで副業は「二足のわらじ」「ダブルワーク」「週末起業」などという名前で呼ばれてきましたが、パラレルキャリアは、それらの概念と少し違っています。簡単にまとめるとこんな感じ。

自分が幸せになる「福業(HAPPY WORK)」を日常に取り込む働き方。たとえそれがわずかなお金にしかならなくたっていいのです。自分自身を楽しむことこそが、人生最大のエンターテイメメント。パラレルキャリアは、すでに始まりつつある、未来の働き方のひとつなのです。

【1+1=2ではなく無限大】


「キャリア」の語源は、英語の馬車の轍。つまり、人がたどる道や足跡、経歴などを意味する言葉です。自分が歩んできた人生の長い道のりをふりかえったとき、刻みつけてきた足跡が見える。それがキャリアです。

「ダブルキャリア」という言葉もありますが、これは「二足のわらじ」という言葉に近い概念。両方に「経済的価値」を求めて働く時に使います。2つの収入源が、はっきりとしているのも特徴です。

また「ハイブリッドキャリア」という言い方もあります。「経済的価値」と「精神的価値」の両方を同時に実現しようとする考え。「ハイブリットカー」が、電気とガソリンの両方で走るように、違うエネルギーを混ぜながら前に走って行くような感じです。

それに比べて「パラレルキャリア」は「本業+α」の働き方。「2枚目の名刺」という言葉が似合います。「人生のちょい足しワーキング」です。

これは、ささやかな夢の実現など「精神的価値」を最重視した考え方だと言えます。つまりパラレルキャリアは、ひとつの仕事がもうひとつにいい影響を及ぼし、脳内で「ひとり科学反応」を起こす働き方。仕事同士の「相乗効果」によって、自分の可能性を無限大に引き出すことができるのです。

パラレルキャリア──新しい働き方を考えるヒント100

【自衛官の転職】パーソナルブランディングとは前のページ

【幹部自衛官の思考】場当たり的な「気合」や「根性」では乗り越えられない次のページ

関連記事

  1. パラレルキャリア

    【自衛官の副業】「新しい副業」とは

    自衛隊は副業が認められていません。しかし、死ぬまで自衛官というわけで…

  2. パラレルキャリア

    【解禁】自治体が公務員の副業を推進(生駒市)

    公務員も副業する時代が来ると私は考えます。すでに副業を解禁している自…

キャリアデザイン支援@笑まち


100年人生と言われている激動社会において、終身雇用は今の時代に合わなくなってしまった。また、10年後、20年後には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットなどで代替されると言われています。

仕事が無くなるという不安を消し去るには、市場価値の高い人材になるべく、1日1ミリでもいいから近づくためにの行動をとることが処方箋になります。幸い、SNSが社会に誕生したことから、個人でもビジネスがしやす環境になっています。

市場価値の高い人材になるためにも、100年人生を生き抜くためにも、自分の「好き・趣味・得意」を仕事にしてみてはいかがでしょうか。それが「稼ぐ力」を養うと同時に、これからの時代で生き抜くために必要な人間力や創造的な力を養うことができます。「笑まち」はそれをサポートします。

複業・転職事例

公務員専門の転職コンサル「笑まち」

激動時代を生き抜くヒント

PAGE TOP