【その経歴は?!】第5航空団司令兼新田原基地司令 空将補 尾山正樹
【詳細はこちら】

空将補 尾山正樹は新富町・航空自衛隊新田原基地司令に着任した。飛行訓練など戦闘機の運用では、騒音などで地域への負担が伴う。「(基地は)自治体や住民の皆さまなど地域の理解に支えられている。全隊員が地域の方々に感謝し、信頼され、誇りに思ってもらえるような存在にならないといけない」と力を込める。

沖縄県・尖閣諸島周辺海域で中国の公船が領海侵入を繰り返すなど、日本の南西諸島では緊張状態が続く。「空域でも外国機による活動の質、量が拡大」しており、領空侵犯の恐れがある航空機への緊急発進(スクランブル)対応を担う新田原は「要の基地」。対応する隊員には「心身ともに強くしなやかであること」を望み、指導方針に「精強であれ」を掲げた。

富山県高岡市出身。静岡県立大を卒業後、パイロットになる夢をかなえるため空自に入隊した。沖縄県の那覇基地ではF4戦闘機のパイロットとしてスクランブル対応に従事。統合幕僚監部から出向した内閣官房では、安全保障・危機管理担当の一員として、北朝鮮のミサイル発射や核実験に対処した経歴を持つ。国家安全保障局の立ち上げにも携わり、「睡眠がまともに取れない日も多かったが、貴重な経験をさせてもらった」と振り返る。
(引用:「新田原基地第5航空団司令兼基地司令に就任した 尾山正樹(おやま・まさき)さん」宮崎日日新聞

【空将補 尾山正樹の経歴】
幹候校85期(防大39期相当)
2017年7月 幹部学校研究科(東京都 目黒)
2017年12月 西部航空方面隊司令部防衛部長(福岡県 春日)
2018年12月 航空幕僚監部防衛部防衛課長(東京都 市ヶ谷)
2020年8月 現職


関連記事

  1. 『未経験者必見』適職・求人探しの方法ベスト3
    【詳細を見る】

  2. 【転職したい自衛官の思考】転職活動で最も大切なこと

  3. 【自衛官が転職するための思考】「頭」で食べる時代

  4. 自衛隊の中途退職を円滑に進める方法

  5. ベンチャーと大企業の選択、転職に迷った時のアドバイス【詳細を見る】

  6. 【自衛官の経歴】履歴書と職務経歴書の書き方

【ABOUT】

人生充実のヒント

公務員からの転職術は☆笑まち☆

地方公務員も国家公務員も年々、ますます、大変になってきています。その中で、転職したいと考える人も多いと思います。もしくは、泥臭い人間関係でいきていく中で、疲れている方もいるだろう。

しかし、公務員からの転職は難しいです。特に民間企業では不況や人員整理など流動化が激しい状況です。

そんな状況だからこそ、普通の転職活動ではなかなか難しいのです。「笑まち」は公務員だからこその転職術を提供します。

【公務員からの転職術】
1.転職エージェントや大手求人サイトに頼り過ぎるな

2.掘り出し求人をいかに見つけるか

3.自分が接したことのあるサービスを提供している会社を選べ

人生充実のヒント