NECとシスコ、安全保障領域や重要産業インフラ向けにネットワーク機器の「真正性管理」を強化

NECとシスコはネットワークシステムのサプライチェーン全体を通した真正性の確認や監視、管理を強化し、これに対応したネットワーク機器の提供を2020年度中に開始する。NECの軽量改ざん検知技術とブロックチェーン技術、シスコのTrustworthy技術を組み合わせる。

NECとシスコシステムズ(以下、シスコ)は2020年2月17日、情報通信機器を安全に利用できるネットワークシステム基盤の提供を目指して、両社の技術を組み合わせた取り組みを発表した。ネットワークシステムのサプライチェーン全体を通した真正性の確認や監視、管理を強化し、これに対応したネットワーク機器の提供を2020年度中に開始する。

続きはこちら
NECとシスコ、安全保障領域や重要産業インフラ向けにネットワーク機器の「真正性管理」を強化




フリーランスエンジニアに安定稼働案件を豊富に紹介【Freeto】