NEC、2019年度第3四半期連結業績は増収増益 

日本電気株式会社(以下、NEC)は29日、2019年度第3四半期累計(2019年4~12月)の連結業績を発表した。

売上収益は、前年同期比6.9%増の2兆1756億円、営業利益は同366.8%増の779億円。税引前利益は同197.8%増の788億円、当期純利益は同542.9%増の491億円となった。

 NEC 代表取締役執行役員副社長兼CFOの森田隆之氏は、「2019年度通期予想に対する進捗は順調である。売上収益は連結事業売却の影響を受けたその他事業を除いて、すべてのセグメントで増収。営業利益は売上増加や構造改革効果により、すべてのセグメントで増益となった。計画に対しては、売上収益で1000億円上振れし、調整後営業利益では150億円の上振れとなっている」と話す。

続きはこちら
NEC、2019年度第3四半期連結業績は増収増益 売上は計画に対して“1000億円の上振れ”




ベルテックスの不動産投資セミナー




年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】