64歳元常務が「再就職先」で味わった哀れな末路

「お恥ずかしながら、私、この年になって出社拒否になってしまって。だらしないですよね」

こう切りだした岡田さん(仮名)は某大手企業の元常務。 63歳で定年となり8カ月後に再就職。これまでのキャリアを買われての就職だったそうだ。

■半年で出社拒否になった元常務

定年になったらやることがなくなって、定年うつになるって脅されていたんですが、私の場合は幸い次が決まっていたので大丈夫でした。妻も8カ月ですからギリギリ我慢してくれたんでしょう。 再就職先は関連会社です。数年前から積極的に同じ業界からシニア採用をしていましてね。 昔の上司が呼んでくれたんです。

受け入れ態勢はきちんとしていました。研修期間もあるし、シニアも戦力として見てくれる。給料は下がりますが、本人の能力次第では70歳までいられるんです。 私は気力と仕事の質には自信があったし、今までのキャリアを生かしてがんばろうと張り切っていました。

続きはこちら
64歳元常務が「再就職先」で味わった哀れな末路




30~54歳の就職・転職をサポートしています