40代は「お金目的の転職」をしてはいけない理由

一口に転職といっても、実は年代によってとるべきアプローチは異なる。なぜなら、人材ニーズが年代ごとに異なるからだ。20~30代の若い年代であれば転職のニーズは高い。一方、40~60代の場合、転職の難易度が急激に高まる。
40~60代はどうやって転職先を見つければいいのか?  『転職の「やってはいけない」』の著者であり、これまで3000人以上の転職・再就職をサポートしてきた郡山史郎が解説する。

 20代、30代と比べて、40代の転職は難易度が数段階高まる。理由は簡単だ。40代に期待している会社が少ないのだ。

 求人元の会社が転職希望者に求めているのは、新たな職場環境でこれまで以上に力を発揮する人材である。しかし、残念ながら、40代に伸びしろはほとんどないうえに、環境順応性も低い。したがって、40代を迎えたなら、転職するよりも現在の会社にとどまることを第1に考え、そこで自分の能力を伸ばすこと、あるいはこれまで身に付けてきた知識やスキルを維持することに注力したほうがいい。

続きはこちら
40代は「お金目的の転職」をしてはいけない理由