40代の転職。「転職回数が理由で不採用」と嘆く男性の勘違い

44歳男性です。転職回数が11回と多く、書類選考でほぼすべて不採用になってしまいます。転職の理由は家庭の事情や会社都合がほとんどなのですが、書類だけで判断されるので先に進むことができません。有名私立大学を卒業し、43歳でMBAを取得し、仕事に本気で取り組みたいと考えているのに、日々暮らしていくこともままなりません。

職歴書や志望動機書の大事な構成要素は3つ

書類の段階で前に進めないとのことですが、問題なのは転職回数ではなく、転職の理由と年齢からみた坂口さんの経験とスキルでしょう。
書類で判断される。これは採用における第1関門としては極めて普通のことですから、そこを嘆いても仕方がありません。

採用する側からすると非常に多くの、場合によっては1つのポストに数千の応募があるわけですから、全員と面談するわけにもいきませんので、書類によってまずは「あたり」をつけるわけです。

そのうえで面談となるわけですが、応募者として大事なことは印象に残る「強い」職歴書や志望動機書を作成できるか否か、です。

続きはこちら
「転職回数が理由で不採用」と嘆く男性の勘違い【東洋経済オンライン】




30~54歳の就職・転職をサポートしています




ハイクラス転職サイト「転機」