「50代以降独立できる人」にはある意外な強み

このまま会社に残ってもいいことはなさそう。でも、早期退職・独立して食っていけるだけの実績もスキルも自分にはない……。そんな50代会社員は決して少なくないはず。

しかし、ミドルの転職・独立事情に詳しいFeelWorksの前川孝雄氏は、「企業で約30年間キャリアを重ねてきたミドルに『何もない』ということはありえません。蓄えられた知恵、磨かれてきたスキルが何かしら必ずある」と断言する。そこで前川氏の新著『50歳からの幸せな独立戦略』から、社外でも通用する「自分の強み」の見つけ方について紹介する。

「営業ができる」「経理ができる」は強みになるのか?
独立を目指すミドルにとって重要なのは、なんといっても自分の強みを見つけ、それを磨いていくことです。自分の強みに関してはもう十分わかっている、と思っている人も多いかもしれませんね。

「50代以降独立できる人」にはある意外な強み【東洋経済オンライン】