@霞ケ浦駐屯地。陸自幹部(1等陸尉)が274食分のランチ代未払いで停職処分

陸上自衛隊霞ケ浦駐屯地(茨城県土浦市)は12日、食事代の給与からの天引き手続きをしないまま、駐屯地内の食堂で昼食を1年半にわたり食べ続けたとして、装備調達などを担当する関東補給処に所属する男性1等陸尉(53)を停職12カ月の懲戒処分にした。依願退職を申し出ているという。

 同駐屯地によると、1尉の場合、食堂での食事代は給与から差し引かれることになっていた。しかし、天引きの書類手続きを怠ったまま、同駐屯地に着任した2017年4月から18年10月までの昼食274食(約10万円相当)を、代金を支払わずに食べていた。「3カ月後には天引きされていないことに気づいていた」と説明し、反省しているという。

詳細はこちら
陸自幹部が274食分のランチ代未払い 1年半にわたり 霞ケ浦駐屯地【毎日新聞】