風俗店兼業 海上自衛隊の幹部自衛官(森田哲哉1等海佐)を懲戒免職

海上自衛隊の幹部自衛官が、風俗店を実質的に経営するなど兼業で収入を得ていたうえ、客に艦艇の入港や出港の情報を漏らしていたとして、10日付けで懲戒免職となりました。

懲戒免職の処分を受けたのは、海上自衛隊の護衛艦隊司令部に所属する森田哲哉1等海佐(55)です。

海上自衛隊によりますと、森田1等海佐はイージス艦の艦長などを務めていた平成22年から先月までのおよそ10年間にわたって、妻の名義で派遣型風俗店を実質的に経営し、みずから女性客に性的サービスを行うなどして収入を得ていたということです。

また、風俗店の客として知り合った女性に、みずからが艦長を務めていた練習艦の入港や出港の情報を漏らしていたということです。海上自衛隊はこれらの行為が、自衛隊法が禁じている兼業や情報漏えいにあたるとして、10日付けで懲戒免職の処分にしました。

詳細はこちら
風俗店兼業 海上自衛隊の幹部自衛官(森田哲哉1等海佐)を懲戒免職