【経歴は?】第1空挺団長の戒田重雄陸将補のパワハラ疑惑?!人事教育部長に就任?!

隊員への被害がこれほど懸念されるのは、この夏の人事で一般企業の人事部長にあたる(陸上幕僚監部)人事教育部長に就任するのが確実視されている戒田重雄陸将補。現在は陸自唯一の落下傘部隊である「第1空挺団」の団長を務める。

第1空挺団は千葉県習志野市に拠点を置き、陸自きってのエリート部隊として知られる。標語は「精鋭無比」。約2000人の団員がいる。空挺部隊は上空300mからパラシュートで飛び降りることを任務としており、日々の訓練も含めて、常に死と隣り合わせにある危険な部隊である。その団長がパワハラの権化のような人物だとはにわかには信じがたい。

その戒田重雄陸将?!

続きはこちら
退職者続出 陸自の第1空挺団長は“パワハラ”常習者で通称「ハカイダー」【文春オンライン】






ハイクラス転職サイト「転機」