陸上自衛隊の「音楽隊」 ふだんは何してる? 実は「狭き門」 どうしたらなれるのか?

陸上自衛隊の「音楽隊」における「日常」とは?

陸海空の自衛隊は、いずれにも音楽隊が設けられており、外国の軍隊における軍楽隊にあたるものです。「隊員の士気高揚のための演奏」が主任務といい、定期コンサートなどを開いているほか、たとえば大相撲の千秋楽でも、国歌斉唱などの際にその演奏を耳にする機会がありますが、ふだんは何をしているのでしょうか。やはり音楽漬けの毎日なのでしょうか。

ひと口に「自衛隊の音楽隊」といっても、陸海空で少々、その様相は異なります。共通しているのはいずれにも、防衛大臣直轄の部隊がひとつずつあることで、このほか各地域を管轄する、陸上自衛隊の各方面隊に5隊、海上自衛隊の地方隊に5隊、航空自衛隊の航空方面隊に4隊置かれ、さらに陸上自衛隊は師団や旅団の音楽隊が15隊、編成されています。

続きはこちら
陸上自衛隊の「音楽隊」 ふだんは何してる? 実は「狭き門」 どうしたらなれるのか?