若年層の「初めての転職の理由」をさぐる(2020年公開版)

厚生労働省が2019年12月に発表した、2018年時点における若年層(15~34歳)の雇用実態を調査した「若年者雇用実態調査」(※)によれば、若年層の就業者のうち47.4%は転職経験があるとのこと。つまり最低でも1回は離職をしたことになる。

それでは職を辞したのはどのような理由によるものだろうか。卒業後初めて勤務した会社を辞めた理由について見ていくことにする。

転職経験者に対し、最終学校卒業後にはじめて勤務した会社と限定した上で、その会社を辞した主な理由について尋ねたところ、もっとも多かった意見は「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」というものだった。30.3%もの人が、この理由で最初に勤めた会社を辞めたとしている。

詳細はこちら
若年層の「初めての転職の理由」をさぐる(2020年公開版)