航空自衛隊に宇宙作戦隊発足。初代隊長は阿式俊英2等空佐(防大45期)の経歴は?

防衛省は18日、航空自衛隊に「宇宙作戦隊」を発足させた。自衛隊初となる宇宙領域の専門部隊で、日本が打ち上げた人工衛星への衝突などを防ぐため、宇宙ごみ(スペースデブリ)や不審な衛星の監視を行う。空自の府中基地(東京都府中市)を拠点に20人規模で始動し、将来は100人規模にする方針とのこと。

5月18日に河野太郎防衛相は省内で隊長の阿式俊英2等空佐に隊旗を授与とのこと。

阿式俊英2等空佐について、経歴についてネットで色々と調べて見ましたが、結果的に何か記載できるものはございませんでした。しかし、まだ20代の2等空尉だった時の優秀論文発表賞を受賞の情報がございました(こちら

それによると、「工学研究科前期課程第44期、電子工学科専攻 阿式俊英学生(2等空尉、石原研究室)は、5月26日(金)に開催された海洋音響学会2006年度研究発表会において、「ウイスパリングギャラリーモード音波の円筒凹形剛壁面からの放射解析」を発表し、同日、優秀論文発表賞を受賞した。」








体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】