自衛隊の肺炎対応、防大卒業式を縮小、3月末まで主催イベント行事見送り

河野太郎防衛相は25日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、3月末までに予定する防衛省・自衛隊の主催イベント行事を延期か中止すると発表した。3月22日に予定する防衛大学校の卒業式は安倍晋三首相出席のもと開くものの、縮小して実施し保護者や来賓は参加できない。

全国の陸海空の各自衛隊の基地や駐屯地で開いている行事のうち、音楽まつりなどが中止や延期になる。河野氏は「支援に出る側の自衛隊が感染して支援される側になってはいけない。他省庁よりしっかり防護する必要がある」と説明した。自衛隊部隊の訓練はこれまで通り継続する。

法務省も25日、3月1日に京都市で予定していた「犯罪防止刑事司法会議(コングレス)」の関連シンポジウムの延期を決めた。4月20日から開催予定の同コングレスについては、現時点で変更はないという。

詳細はこちら
自衛隊の肺炎対応、防大卒業式を縮小、3月末まで主催イベント行事見送り




中高卒が目指せる優良企業への転職サイト リバラボキャリア