自衛隊が火薬庫19棟で法令違反 住宅などと保安距離保たず

防衛省は28日、全国の基地や駐屯地にある19棟の火薬庫で、火災発生時に周辺施設への被害を抑えるために必要な「保安距離」が確保されず、火薬類取締法に違反していたと発表した。火薬の保管量を減らすなどの是正措置を既に講じているという。

保安距離は、保管する火薬量や周辺施設の種類で決まる。1トンの火薬で、学校や病院からは160メートル離すと定められている。

続きはこちら
自衛隊が火薬庫19棟で法令違反 住宅などと保安距離保たず【毎日新聞】