終身雇用の終わりの始まり~業績好調でも踏み切る「黒字リストラ」

黒字なのにリストラ~背景に少子高齢化が関係かニッポン放送「ザ・フォーカス」

東京商工リサーチによると、2019年に早期・希望退職を実施した上場企業が35社にのぼり、対象者は1万1351人に達したことがわかった。1万人を超えたのは6年ぶり。日経新聞によるとリストラを実施した企業の57%が、業績が好調で黒字の企業だった。また、理由について毎日新聞は「70歳までの長期雇用を見据える」「セカンドキャリアを支援」などと分析している

詳細はこちら
終身雇用の終わりの始まり~業績好調でも踏み切る「黒字リストラ」