米富豪の寄付額ランキング 首位バフェットは5年で1.6兆円、その経歴を探る

世界の大富豪たちは近年、一部が慈善事業への寄付額を増やしているものの、多くは非営利団体に寄付を行う代わりに自身が設立した財団に資金を投入するようになっている。こうした財団の年間寄付額は多くの場合、保有資産の5%にしか相当しない。

フォーブスは、世界の大富豪のうち実際に非営利団体に対して行っている寄付額が多い人物は誰かを特定すべく、米調査会社シュック・リサーチと協力して2014~18年の米富豪の寄付額を調査。寄付を宣言した額や財団への寄付ではなく、実際に寄付先団体に届いた額を対象としたランキングを作成した。

1位はバークシャー・ハサウェイの経歴、ウォーレン・バフェットで、5年間の寄付額は147億ドル(約1兆6200億円)に上った。バフェットは友人のビル・ゲイツが妻と共同で立ち上げたビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じて寄付を行っており、寄付金の多くは同財団が選んだ慈善事業へと渡った。

続きはこちら
米富豪の寄付額ランキング 首位バフェットは5年で1.6兆円