県職員(鹿児島)がパワハラ。舌打ち、ため息、強い口調…部下を繰り返し威圧

鹿児島県は10日、強い口調で叱るなど1人の部下に不適切な指導を繰り返したとして、本庁の課長級50代男性を戒告処分した。不適切指導で県が職員を処分するのは初めて。

県によると、男性は2019年4月から20年4月にかけ、指導時に舌打ちやため息、表情で威圧した。部下の作成資料に「こんな資料でどう上司に説明できるのか」と強く叱ったこともあった。

詳細はこちら
舌打ち、ため息、強い口調…部下を繰り返し威圧 不適切指導の県職員を戒告処分【南日本新聞】




30~54歳の就職・転職をサポートしています




うつ症状の方の「長く働く」を徹底サポート【シゴトライ】