株式会社BOUKENを設立。異例の社長への転身を遂げた水野滉也さんのワケ

16年ドラフト2位の水野滉也さん、昨年戦力外となり1月に会社設立

プロ野球、戦力外通告。昨年も102人の選手が通告を受け、多くがユニホームを脱いだ。セカンドキャリアに悩む者も少なくない中、大きな希望を胸に秘め、異例の転身を遂げた男がいる。

元DeNA投手の水野滉也さんだ。2016年のドラフト2位右腕は駆け出しの“社長”として奮闘中。「THE ANSWER」は水野さんの野球人生から起業に至るまで、前後編でお届けする。前編は、奮闘中のセカンドキャリアについて。

スタイリッシュなジャケットに、きっちりセットされた黒髪。どこから見ても立派な社会人だが、ガッチリした体つきにプロ野球選手の面影が残っていた。都内でインタビューに応じてくれたのは、元DeNA投手の水野さん。株式会社「BOUKEN(ボウケン)」を設立した25歳、駆け出しの“社長”だ。名刺には、代表取締役と記載しているが「CEOもかっこいいですよね」と初々しく笑った。

続きはこちら
株式会社BOUKENを設立。25歳で「戦力外→社長」に 元DeNAドラ2右腕の今、異例の転身を遂げた野滉也さんのワケ