千葉県警生活安全部生活安全総務課広報啓発係長 永田裕子警部補(50)

「女性や子供が被害に遭わないために、何かできることはないだろうか」。性犯罪などの捜査をいくつも経験した後、千葉県警生活安全部子ども女性安全対策課(永田裕子警部補)で「声掛け」など事件の前兆となる事案を管理するシステムの構築に携わった。その中で、女性や子供を狙った卑劣な性犯罪の増加に直面し、新しい取り組みの必要性を痛感していたという。

その思いが平成28年、同課の女性課員ら18人による「よくし隊レディあおぼーし」の結成につながった。企業や学校での防犯講話など、女性の視点を取り入れた抑止活動を始めた。

29年に松戸市で発生した女児殺人・死体遺棄事件の際は、被害女児が通っていた小学校で防犯教室や見守り活動を行うなど、子供たちや保護者の不安を解消することに努めた。

そして30年4月、それまでの功績が認められ、隊員3人による「広報啓発係」が設置され、係長に就任。3人は抑止活動のみを担当する専従員で、こうした部署が設けられるのは全国の警察組織で初めてのことだった。

幼いころから正義感が強い性格。高校生のとき、千葉県警に女性の白バイ隊員がいることを知り、憧れたという。当時は女性警官の採用は3年に1度だったため、短大を卒業後に県警で警察官を拝命した。

続きhこちら
女性らの被害抑止へSNS活用 生活安全部生活安全総務課広報啓発係長 永田裕子警部補(50)【iza】




ひとりひとりに合った「正しい食」と「健康」を学ぼう