法改正は日本の“働き方”をどう変えるのか

70歳までの就業機会確保の努力義務を企業に課す「高年齢者雇用安定法」改正案が、1月20日開会の通常国会に提出されます。成立すると、早ければ2021年4月から実施される見通しですが、同法は若い世代の給与や働き方にまで影響を及ぼす可能性があります。

詳細はこちら
法改正は日本の“働き方”をどう変えるのか