村田製作所会長兼社長・村田恒夫氏の勝算!「電子部品の王者」へ売上高2兆円よりも利益必達

村田製作所会長兼社長・村田恒夫氏インタビュー

 ―2020年度の見通しは。
 「積層セラミックコンデンサー(MLCC)の通信機器市場向けは、中国の第5世代通信(5G)対応の基地局とスマートフォンの立ち上がりが力強い。一方、自動車向けは直接顧客のティア1の在庫は適正化したものの、代理店の在庫調整は今春までずれ込む見通し。先進運転支援システム(ADAS)やハイブリッド車を含む電動化は長期トレンドで、使用部品点数は増える。底を打っており、年率5―10%の売上高成長を見込む」

「5G」iPhoneでニッポンの電子部品が独壇場になる日

―現在進めている3カ年の中期経営計画で21年度売上高2兆円(18年度比27%増)を掲げますが、最初の19年度は減収見通しです。
「無理に残り2年間で2兆円まで伸ばす考えはない。だが、営業利益率17%(18年度は16・9%)と税引き前ROIC(投下資本利益率)20%(同18・9%)の目標はしっかり達成したい。価格是正や不採算商品の生産終了などでプロダクトミックスは良化した。事業ポートフォリオ見直しと、スマートファクトリー化による利益率改善に注力する」

続きはこちら
村田製作所会長兼社長・村田恒夫氏の勝算!「電子部品の王者」へ売上高2兆円よりも利益必達