曙ブレーキ、早期退職200名を募集へ

曙ブレーキは、早期希望退職者200名の募集を2月24日より開始すると発表した。

曙ブレーキは昨年1月、北米事業不振などの影響による経営悪化を受け、事業再生ADR(裁判外紛争解決)手続を申請。全取引先金融機関が総額560億円の債権放棄を含む事業再生計画案に同意し、事業再生ADR手続きが完了したことを受け、同社は事業再構築のための各施策に取り組んでいる。

詳細はこちら
曙ブレーキ、早期退職200名を募集へ