明治、”出戻り”を歓迎する新制度(「リ・メイジ制度」)!3年以上働いていた元社員が対象。

明治は1月、退職した元社員が再就職を受け付ける「リ・メイジ制度」を新設した。対象は、同社で正社員として3年以上勤務した元社員。今月23日から専用サイトを通じて応募を受け付けており、面接などの選考を経て4月以降に採用する。

同制度の名称はリトライ、リスタートなどの単語に含まれる「再び」「繰り返し」という意味の「リ」と、社名の「メイジ」を組み合わせ、

「退職者が再び当社で活躍し、新しい風を吹き込むとともに、当社自体も繰り返し成長していく」

という思いを込めたという。

同社の広報は、新制度導入の背景について「時代とともに多様化する働き方などに対応するため」と説明する。

従来の”終身雇用制度の崩壊”が叫ばれて久しい昨今。転職のハードルが下がり、さまざまな会社でのキャリア形成を身近に考える人も増えてきた。一方、労働人材の確保も急務だ。同社は、制度のねらいをこう語る

「退職後に培ったノウハウや知見に加え、在職時の経験を生かした即戦力を求めている」

さらに、同社で働いた経験もあるので、あらかじめ理念や社風のミスマッチを防ぐことができ、応募者、採用側の方法のリスク軽減が期待できるという。

詳細はこちら
明治、”出戻り”を歓迎する新制度 3年以上働いていた元社員が対象




ベルテックスの不動産投資セミナー




年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】