早期警戒機の機密情報 元幹部自衛官が漏らし逮捕

早期警戒機の性能に関するデータを漏えいした疑いで、警視庁公安部は、航空自衛隊の元幹部自衛官を逮捕した。

航空自衛隊の1等空佐だった菅野聡容疑者(58)は、2013年1月ごろ、ミサイルや航空機を上空からレーダーで探知する早期警戒機「E-2D」の性能に関する特別防衛秘密情報を入間基地内で、日本の商社の社員数名に見せたうえ、USBに移し譲り渡すなどした疑いが持たれている。

詳細はこちら
早期警戒機の機密情報 元幹部自衛官が漏らし逮捕