新潟県警 個人情報記した書類を報道機関にFAXで誤送信

新潟県警の本部に勤める女性警察官が9日午前、相談者の個人情報と相談内容などを記した書類を、誤って県内の報道機関にFAXしました。
警察は、男性に謝罪するとともに書類の回収を進めています。

誤って送信したのは、警察に電話で相談してきた男性に関する文書です。男性の名前や住所、電話番号、相談内容などが記載されていました。
警察によりますと、女性警察官はこの書類を警察署にFAXしようとして、誤って県内の報道機関の本社や支社など28か所に送ってしまったということです。FAXの機械を間違えたことが原因だということです。

詳細はこちら
新潟県警 個人情報記した書類を報道機関にFAXで誤送信【BSN新潟放送】




体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】