新浪剛史/中長期戦略・中国進出を止めてはいけない

新型コロナの感染拡大が様々な問題を招いています。安倍晋三総理が外出やイベントの自粛を呼びかけるなど、日本は今、緊急事態に突入していると言っていいでしょう。2万4000円台だった株価も一時、1万6000円台まで大きく下がりました。

 サントリーのビジネスにおいても、3月4月の歓送迎会シーズンは年末に次ぐ最需要期ですから、本当に大きな痛手です。特に“前出し”と言っていますが、すでに卸店さんに出荷してしまった商品は今後このような状況が続くと、その先で滞り、追加の注文が入りません。社員の働き方も制約を受け、社員の多くは自宅でのテレワークや時差出勤を余儀なくされています。

 総理が要請した「一斉休校」については、確かに若干唐突で、説明不足との声が多かったと思います。しかし東京五輪・パラリンピックを控えていた中、早め早めに手を打たなければいけないのは、トップとして当然の判断でしょう。1日も早くコロナ危機を解決したいという総理の強い意思の表れだと思います。

続きはこちら
新浪剛史/中長期戦略・中国進出を止めてはいけない〈安倍政権の経済ブレーンが語った日本企業の「問題点」〉――文藝春秋特選記事【全文公開】