小泉進次郎環境相は男の育休を変えられますか。フリー・複業時代で世帯収入激減の壁

周りから「旦那さん、育休とらないの?」と聞かれるたびにモヤモヤした気持ちになるのは、この「出産によって世帯収入が半減する」という現実があるからです。会社員の夫に育休制度について聞いたところ、「とろうと思えばとれる」とのこと――。こう感じている人、いませんか。小泉進次郎環境相が育休宣言をしたり、「イクメン議員」が話題になったりしますが、制度があっても一概に賛成できない現実もあります。加えて、ミレニアル世代には、フリーランスや複業で働くスタイルが一般的になりつつあります。みなさんはどう思いますか。

小泉進次郎氏の育休取得、7割強が支持
今年1月、第1子が誕生した環境大臣の小泉進次郎氏(38)。出産から3カ月の中で、2週間分の育児休業をとると宣言しました。現役閣僚の育休取得が史上初ということもあり、賛否両論を巻き起こして注目を集めています。小泉氏は自身のブログで育休取得を決断した経緯や葛藤を説明し、「私なりの育休を実践していきます」と綴っています。

詳細はこちら
小泉進次郎環境相は男の育休を変えられますか。フリー・複業時代で世帯収入激減の壁




全額保証の転職サービス【STRATEGY:BOOTCAMP】




年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】