富士フイルム、新型コロナ肺炎の診断サポートAI開発へ CT画像を自動解析

富士フイルムは5月19日、新型コロナウイルス感染症による肺炎患者を受け入れている医療機関と共同で、AIを活用して患者の経過観察や治療効果の判断を支援する技術を開発すると発表した。胸部のCT画像を自動解析し、肺炎による異常を識別するという。

同社が2018年から京都大学と共同研究していた技術を応用する。肺を12の領域に分け、気管支や肺の血管などに現れる異常部分の大きさや割合などを判定。医師はその情報を基に、病状の確認や治療の効果を判断する。

詳細はこちら
富士フイルム、新型コロナ肺炎の診断サポートAI開発へ CT画像を自動解析【ITmedia】