定年後「再就職」に大苦戦する50代に欠けた視点

問題は「シニアの再就職」だ。就職や転職をサポートする仕組みが、その世代にはまったくといっていいほど整っていないのである。

試しにシニアの転職サイトや求人情報を検索してみてほしい。管理職の求人なども掲載する大手の「マイナビミドルシニア」は、対象が40代、50代、60代に限られている。

60代以上を対象としている転職サイトはいくつかあるものの、梱包作業やクリーニング、配送、テレフォン・オペレーターなど、人手不足が顕著な仕事ばかり。言うまでもなく、役員や管理職など企業の中核を担うポストはほぼゼロである。

つまり現状、シニアに役立つ求人サービスはほとんど存在しないということだ。シニア向けの求人も見当たらない。企業が求めるのは、新卒の若者や30代、40代といった前半戦の人材だけで、人生の後半戦に入ったシニアの活用はそもそも想定していないことがわかる。

続きはこちら
定年後「再就職」に大苦戦する50代に欠けた視点〜できることなら40代から準備しておきたい〜【東洋経済オンライン】






ハイクラス転職サイト「転機」