変革によって“ポンコツ管理職”が露呈? リーダーの在り方とは?

ITリテラシーゼロ企業でも大丈夫 長野の老舗が「IT変革」に成功した理由

これまで「働き方改革」は、長期的な労働人口の減少を背景に、時には残業を減らすことに焦点が当てられ、時には生産性の向上や業務の効率化が叫ばれ、時には多様なワークライフバランスの実現による人材確保といった文脈で語られてきた。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で社会環境が大きく変わり、ウィズコロナ/アフターコロナの中で、いかに企業が存続や成長するために新しい働き方へ対応するかが迫られている。

 働き方改革はもはや、ビフォーコロナの単なる“先進企業の先進的な取り組み”ではなく、あらゆる企業に突きつけられた喫緊の課題だ。そして、ウィズコロナでもある今、IT無しの働き方はあり得ないのも現状だ。「ITはよく分からない」「改革できるのは資金力のある大企業だけ」という言い訳は通用しない時代にもなっている。

続きはこちら
ITリテラシーゼロ企業でも大丈夫 長野の老舗が「IT変革」に成功した理由【#SHIFT】