塩田透氏の経歴。博報堂を早期退職! 安定した会社員生活から飛び出した理由

55歳で博報堂を早期退職。現在は、マルチコネクトプロデューサーという肩書でスタートアップ企業の支援などに携わる塩田透氏。「博報堂の看板をなくしたらどうなるか」という命題に自ら取り組む塩田氏だが、現在は「やりたいこと=仕事」になり、日々充実しているという。本連載でも早期退職した方は初めて。これまでの経歴やその決意の背景、現在の活動内容やこれからについてお話をうかがった。

Webが一般に普及してすでに20年以上が経つが、未だにWeb業界のキャリアモデル、組織的な人材育成方式は確立していない。組織の枠を越えてロールモデルを発見し、人材育成の方式を学べたら、という思いから本連載の企画がスタートした。連載では、Web業界で働くさまざまな人にスポットをあて、そのキャリアや組織の人材育成について話を聞いていく。

続きはこちら
塩田透氏。博報堂を早期退職! 安定した会社員生活から飛び出した理由と経歴【web担当者】


50歳からの幸せな独立戦略 会社で30年培った経験値を「働きがい」と「稼ぎ」に変える! (PHPビジネス新書)




30~54歳の就職・転職をサポートしています