ZOZO創業者の前澤友作氏が総額100億円の起業支援ファンド、全力バックアップを約束

ZOZO創業者の前澤友作氏は、総額100億円の起業支援ファンド「前澤ファンド」を立ち上げる。10人の起業家に、1件あたり10億円を出資、前澤氏も自ら経営に参画するという。ツイッターと個人のnote(ysk2020)で募集を開始した。起業プランの応募には1件あたり10万円の審査料を取る。期間は2月16日23時59分まで。

前澤氏は「ノート」の中で、「前澤が出会いたいのは、夢ある事業プランやアイデアを持ち合わせた、挑戦意欲と社会貢献意欲の高い起業家です。(中略)一定以上(目安20%程度)の株式を保有させていただきながら、前澤自らが経営にも参画し、前澤の持つ知見・人脈・影響力・資金などを最大限活用し、あなたのビジネスの垂直立ち上げと成長加速をフルサポートします」とコメントしており、個人資産を使ったエンジェル投資とベンチャーキャピタル(VC)並みの資金規模、さらには経営へのフルコミットを約束する、新しいタイプの起業ファンドになる。

詳細はこちら
ZOZO創業者の前澤友作氏が総額100億円の起業支援ファンド、全力バックアップを約束




全額保証の転職サービス【STRATEGY:BOOTCAMP】




年収1,000万超の求人が数百件ハイクラス転職サイト【転機】